instruction みんかぶ投信 使い方

アセットマネジメントOne

DIAMアジア消費&インフラ関連株式ファンド(アジアンドライバー)

基準価額(2020/07/07)
お気に入り
10,438
100円(+0.97%)
  • レーティング
    -
  • リターン(1年)
    -9.90%(950位)
  • 純資産額
    4億4000万円

DIAMアジア消費&インフラ関連株式ファンド(アジアンドライバー)のTOP

基準価額・純資産額チャート

※チャートのパーセンテージは、期間の始点からそれぞれ何パーセント動いているかを表します。

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン
(1年)
基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
ニッセイ日経アジア300iアクティブファンド(年2回決算型)(アジアン・エース) ニッセイ - -1.91% 9,221
(07/07)
195
ニッセイ日経アジア300iアクティブファンド(資産成長型)(アジアン・エース) ニッセイ - -1.91% 9,221
(07/07)
288
SMT日経アジア300インベスタブルインデックス・オープン 三井住友トラスト - -4.29% 9,384
(07/07)
346
次世代通信関連アジア株式戦略ファンド(THE ASIA 5G) 三井住友トラスト - - 11,253
(07/07)
17,756

運用方針

1. アジア諸国(除く日本)の株式市場において上場されている株式等を主要投資対象とし、中長期的な信託財産の成長を目的として、積極的な運用を行います。

2. アジア諸国(除く日本)の「インフラ関連企業」(主にインフラ事業を行う企業やインフラ構築に関わる企業)および「消費関連企業」(主に消費財を生産・販売する企業や消費サービスを提供する企業)の株式等に投資します。

3. 分散投資の観点から、原則として1ヵ国への投資比率上限を約20%(純資産総額ベース)とし、中国(含む香港)とインドの投資比率上限は原則として合計で約30%とします。

4. 個別企業の分析にあたっては、ファンダメンタルズ、株価バリュエーション、利益成長等の定量判断と製品競争力、技術力、経営力等の定性判断によるボトムアップ調査を実施します。

5. 組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いません。

運用会社概要

運用会社 アセットマネジメントOne
会社概要 みずほフィナンシャル・グループの資産運用会社
取扱純資産総額 7兆2385億円
設立 1989年07月

ファンド概要

受託機関 みずほ信託銀行
分類 国際株式型-アジアオセアニア株式型
ベンチマーク -
リスク・リターン分類 値上がり益追求型 リターン(1年) -9.90%(950位)
設定年月日 2008/04/28 信託期間 2023/04/12
決算回数 年1回 販売手数料(上限・税込) 3.30%
信託報酬 年率1.87% 信託財産留保額 0.30%

レーティング

1年 -
2年 -
3年 -
5年 -

費用明細

1万口あたり費用明細
明細合計 280円
信託報酬 209円
売買委託手数料 17円
有価証券取引税 9円
保管費用等 46円
売買高比率 0.02%

カスタマーレビュー

このファンドのレビューはまだありません。レビューを投稿してみませんか?

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン
(1年)
基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
次世代通信関連アジア株式戦略ファンド(THE ASIA 5G) 三井住友トラスト - - 11,253
(07/07)
17,756
三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(年1回決算型)(椰子の実) 三井住友DS - -13.30% 9,739
(07/07)
60
ダブル・ブレイン 野 村 ★ ★ ★ 1.23% 11,499
(07/07)
136,377
DIAMベトナム株式ファンド(ベトナムでフォー) AM-One ★ ★ ★ ★ -13.58% 9,639
(07/07)
6,364

ページTOPへ