instruction みんかぶ投信 使い方

りそなアセットマネジメント minkabu 月次レポート

りそな・リスクコントロールファンド2019-06(みつぼしフライト2019-06)

基準価額(2020/09/23) 単位型
お気に入り
9,832
-33円(-0.33%)
  • レーティング
    -
  • リターン(1年)
    -3.11%
  • 純資産額
    211億1800万円

りそな・リスクコントロールファンド2019-06(みつぼしフライト2019-06)のTOP

基準価額・純資産額チャート

※チャートのパーセンテージは、期間の始点からそれぞれ何パーセント動いているかを表します。

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン
(1年)
基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
新生・ワールドラップ・ファンド(安定コース)1603 新 生 - -3.47% 9,444
(09/23)
1,713
新生・ワールドラップ・ファンド(安定コース)1510 新 生 - -3.41% 9,548
(09/23)
3,828
りそな・リスクコントロールファンド2019-09(みつぼしフライト2019-09) りそなAM - - 9,631
(09/23)
37,640
りそな・リスクコントロールファンド2019-10(みつぼしフライト2019-10) りそなAM - - 9,636
(09/23)
21,416

運用方針

1. 複数のマザーファンドへの投資を通じて、実質的に国内、先進国および新興国債券・株式ならびに国内および先進国の不産投資信託証券(リート)などへ分散投資することにより、中長期的に信託財産の着実な成長を目指します。

2. 定量的手法による投資環境の判定基準にしたがって、機動的に資産配分を調整することにより、信託財産の収益確保を目指します。

3. 各マザーファンドは、各投資対象資産における代表的なインデックスの動きに連動する投資成果を目指して運用を行います。

4. 投資環境の悪化等により、基準価額があらかじめ定めた閾値(「確保ライン」)に近づいた場合は、基準価額が「確保ライン」を下回るリスクを低減するために、残存期間の短い国内の公社債等へ投資を行い、価格変動性の低い資産への投資割合を増やします。

5. 設定時の「確保ライン」は9,500円とします。設定後、基準価額が最初に10,500円を上回った日の翌営業日以降は「確保ライン」を10,000円に見直すものとし、その後の信託期間においては「確保ライン」の見直しは行わないものとします。また、「確保ライン」の引き下げは行いません。

運用会社概要

運用会社 りそなアセットマネジメント
会社概要 -
取扱純資産総額 6882億円
設立 2015年08月

ファンド概要

受託機関 りそな銀行
分類 単位型投信型-(単位型)複合商品型
ベンチマーク -
評価用ベンチマーク TOPIX(配当込み)30%+野村BPI70%
投資形態 ファミリーファンド方式
リスク・リターン分類 安定利回り追求型+ リターン(1年) -3.11%
設定年月日 2019/06/10 信託期間 2029/05/15
決算回数 年1回 販売手数料(上限・税込) 0.00%
信託報酬 年率0.561% 信託財産留保額 -

レーティング

1年 -
2年 -
3年 -
5年 -

費用明細

1万口あたり費用明細
明細合計 -
信託報酬 -
売買委託手数料 -
有価証券取引税 -
保管費用等 -
売買高比率 -

カスタマーレビュー

このファンドのレビューはまだありません。レビューを投稿してみませんか?

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ