証券決済機関(CSD)(しょうけんけっさいきかん(しーえすでぃー))

証券決済機関(CSD:Central Securities Depository)とは、「証券を保管し、それによって帳簿記入(book entry)による証券取引の処理を可能にする機関」と定義されていて、「証券集中預託機関」や「証券保管振替機関」とも呼ばれます。

【CSDの主な役割】
①証券の保護預り
②口座振替による証券の決済サービス

 

主要国の証券決済機関(CSD)

  CSD名 保管証券
国債 株式

その他
証券

日本 日本銀行 × ×
証券保管振替機構 ×
米国 Fed × ×
DTC ×
カナダ CDS
英国 ユーロクリアUK&アイルランド
フランス ユーロクリア・フランス
ドイツ クリアストリーム・フランクフルト(CBF)
イタリア Monte Titoli
スイス SIS
スペイン IBERCLEAR
ICSD ユーロクリア・バンク
ICSD クリアストリーム・ルクセンブルク(CBL)
香港 CMU ×
HKSCC × ×
シンガポール MAS × ×
CDP ×
オーストラリア Austraclear ×
ASX × ×

(注)1.〇は主たる取扱証券
    ×はそれ以外(一部取り扱っているものもある)

    2. その他証券は、社債、短期金融市場商品(CP、CDなど)

出所:『証券決済システムのすべて 第2版』(東洋経済新報社)8項

みんかぶ投信 使い方

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ