みんかぶ投信 使い方

デュレーション(でゅれーしょん)

組み入れている債券の残存期間と、金利に対する感応度を示す尺度のことです。

債券の利回りの変化に対する債券価格の変化率は、債券のクーポンレートが高いほど小さく、また残存期間が長いほど大きくなります。このように、利回りが変化した場合の債券価格の変化は、複数の要因の影響を受けるため単純には計算できません。そこで、一定の利回りの変化に対する債券価格の変化率を求める方法としてデュレーションという尺度が用いられます。

デュレーションは債券価格の最終利回りの変化に対する感応度であることから、他の条件が同じであれば、デュレーションが大きい(長い)債券ほど金利変動に対する価格変動幅が大きくなり、デュレーションが小さい(短い)債券ほど、金利変動に対する価格変動幅が小さくなります。

デュレーションの見かたとしては、デュレーション「3年」となっている場合は、金利水準が1%上昇すると、債券価格は3%下落するという意味になります。

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ