みんかぶ投信 使い方

スワップ取引(すわっぷとりひき)

将来受け取ったり、支払ったりする資金を交換する取引のことで、この資金とは、元本を指す場合と利息を指す場合があります。スワップ取引の種類には主に金利スワップと通貨スワップがあります。

金利スワップは、変動金利で借り入れを行っている場合、金利の上昇に備えて変動金利を固定金利に変換する場合に利用されます。

通貨スワップは、異なる通貨間の元利金の交換を行う取引で、あらかじめ契約した為替レートで交換が行われるため、為替リスクを回避する目的で行われます。

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ