トップ・ダウン・アプローチ(とっぷ・だうん・あぷろーち)

まず、マクロ経済の分析を行ない、株式や債券への資産配分や業種別配分を決定した後に、個別銘柄の選定を行なう運用方法のことです。

メリット ・より幅広い銘柄群の中から選択できる
・個々のアナリストやファンドマネージャーの能力に左右されない
デメリット ・マクロ指標などの前提条件の信頼性に疑問がある場合もある
・情勢変化があった時、ポートフォリオへの迅速な繁栄が難しい
・個々の企業努力による業績の変化などが見逃されがち
・銘柄が多くなりがちでファンドの特徴が見出しにくい

 

ボトム・アップ・アプローチ

みんかぶ投信 使い方

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ