「リスク」ってなに?

>値動きの幅/大きさ

年率リターンがプラスのファンドでも、月単位に見ればプラスとマイナスが入り混じっています。 「リスク」とは、月間収益率をもとに計算した標準偏差であり、値動きのバラつき度合いを表します。数値は、平均値からの距離です。符号がなく、損も得も同じ確率で発生することを意味します。

標準偏差の計算式は以下の通りです。

※末尾のルート√12は年率換算するための係数

ある程度の計算期間を取れば統計上どの時点で計算しても大きな差異がでないため、過去実績で計算した値は将来の予想としても有効であるとされています。

また、瞬間的に基準価額が大きく変動したとしても、平均効果のため標準偏差は大きく値が変わりません。従って、標準偏差が大きいということは、平均的に値動きが大きいことを示唆しています。

 

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ