基準価額の仕組み

>投資信託で運用する商品の時価合計(純資産額)を総口数で割り、単位口数当たりの純資産額にしたものが基準価額

投資信託は集めた資金を株式や債券に投資して運用します。投資した商品の現在の価値がいくらになっているか投信会社では毎日計算を行います。投資信託の現在の資産価値を純資産と呼びます。投資信託は口数単位に販売を行います。100万円と金額を指定して購入した場合も100万円に相当する口数を計算し、結果的に口数で購入しています。純資産を総口数で割り単位口数当たりの純資産額にしたものが基準価額です。

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ