基準価額ってなに?

>
「基準価額」は日々公表される投資信託の値段。

投資信託の値段を表すものを「基準価額」といいます。投資信託は投資家から集めたお金で株式や債券に投資しています。また投資信託を取引する時は「口(くち)」単位で取引します。運用を開始する時に1口1円だったファンドの場合、1口の値段が運用の成果によって変動していきます。この1口あたりの値段を「基準価額」といい、その算出の仕方は以下になります。

基準価額の算出方法
・ファンドが投資している資産の値段(時価)を計算する
・株式や債券の配当や利息がある場合は加える
・信託報酬などの費用を差し引く。分配を出す場合は分配金額も差し引く
・その合計を投資信託の全ての口数で割る

1口1円のファンドの場合は、1万口あたりの基準価額が公表されています。
株式と異なり、基準価額が1日に1つの価額として算出されます。基準価額が公表されるのは投資信託の取引を締め切った後なので、投資家は価額がわからない状態で投資信託の売買を行います。

 

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ