みんかぶ投信 使い方

基準価額ってなに?

>
「基準価額」は日々公表される投資信託の値段。投資信託の現在価値を表します。
この基準価額は1口当たりの純資産総額を示すものです。

投資信託の値段を表すものを「基準価額」といいます。投資信託は投資家から集めたお金で株式や債券に投資しています。また投資信託を取引する時は「口(くち)」単位で取引します。運用を開始する時に1口1円だったファンドの場合、1口の値段が運用の成果によって変動していきます。この1口あたりの値段を「基準価額」といい、その算出の仕方は以下になります。

基準価額の算出方法

・ファンドが投資している資産の値段(時価)を計算する
・株式や債券の配当や利息がある場合は加える
信託報酬などの費用を差し引く。分配を出す場合は分配金額も差し引く
・その合計を投資信託の全ての口数で割る

基準価額は、1口当たりの純資産総額

つまりこの基準価額は、受益権1口当たりの純資産総額ということになります。例えば、純資産総額が100億円で、受益権口数が100万口の場合、

100億円÷100万口=1万円

となり、基準価額は1万円となります。通常、投資信託は設定時点の基準価額を1万円としています。

また、最近は積立投資に対応するため、設定時点の基準価額を1口=1円としている投資信託が一般的です。例えば、純資産総額が110億円で、受益権口数が100億口であれば、1口当たりの基準価額は、

110億円÷100億口=1.1円

になり、1万口当たりの基準価額は、

1.1×1万口=1万1000円

というように計算します。

 

基準価額の算出は1日1回

株式と異なり、基準価額が1日に1つの価額として算出されます。基準価額が公表されるのは投資信託の取引を締め切った後なので、投資家は価額がわからない状態で投資信託の売買を行います。

基準価額は何に影響されて、上がったり、下がったりするかについては次章で詳しく説明しますが、分配金が下がる要因の一つに、分配金の支払い(分配落ちという)があるということは覚えておくとよいでしょう。

投資信託の収益分配は、純資産の一部を取り崩して分配金に充てられます。このため、収益分配が行われると、純資産額は収益分配した分目減りします。例えば、純資産総額が100億円で、受益権口数が100億口の場合、1万口当たりの基準価額は1万円です。この100億円から分配金として10億円支払ったとすると、純資産総額は、

100億円ー10億円=90億円

となり、1万口当たりの基準価額は、9,000円となります。つまり受益権1万口に対し、1,000円の収益分配が行われた結果、基準価額は1万円から9,000円に下落します。これが分配落ちです。

なお、基準価額が1万円の投資信託と2万円の投資信託がある場合、多くの人は2万円の投資信託を割高と思うようですが、そのようなことはありません。基準価額は受益権1口当たりの純資産総額のことなので、その高低で、割高、割安と判断することはできないのです。

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ