まず押さえておきたいNISAとiDeCo

>
まずはNISAやiDeCoといった税金を抑えられる仕組みをうまく利用しながら、資産運用を始めたいところ。だけど、色々な制度がありわかりづらいため、まずはポイントだけ押さえましょう!

本来、投資で得た利益に対しては20.315%の税金が発生しますが、NISAつみたてNISA、iDeCoなどを利用すれば、この税金がかかりません。それぞれの制度の違いをよく理解し、上手に活用したいものです。

 

【NISA、つみたてNISA、iDeCoの概要】

  NISA つみたてNISA iDeCo
年間投資上限 120万円 40万円 14万4000円~81万6000円
運用期間 5年間(※ロールオーバーで10年) 20年間 60歳まで
税制優遇 運用益非課税 運用益非課税 運用益非課税
掛金の全額所得控除
受取時の公的年金等控除
受取時の退職所得控除
払出制限 なし なし 原則60歳以上
購入できる商品 株・投資信託・ETF・REIT 一定条件を満たした投資信託・ETF 一部の投資信託・預金・保険
売買方式 自分で売買 自動積立 自動積立
備考 2023年終了予定。つみたてNISAとの併用は不可。 投資可能期間は2037年までの予定。 途中解約は不可能(積立中止は可)。NISAつみたてNISAとの併用可。

 

NISAはある程度まとまったお金を投資したいという人にオススメ。運用期間が5年と限られていることから、長期での資産運用というよりも、株などである程度まとまったお金を運用するのに向いている制度と言えます。

 

つみたてNISAは運用期間が20年と長く、投資上限額が40万円。月々でいうと約3万円。コツコツと積立をしながら、中長期で資産運用をしたいという方にオススメの制度です。まさに、投資信託での資産運用に向いている制度と言えるでしょう。しかし、購入できる商品が限られていることから、注意が必要です。

 

iDeCoは確定拠出年金の個人版。利用できるかどうかは、年齢や職業により異なるため、まず加入できるかどうかを確認する必要があります。

税制メリットはNISAやつみたてNISAよりも大きいため、加入できる方は是非利用しておいた方がいい制度ですが、この制度は老後資金の形成という目的から、払出制限があります。このため、拠出できる金額をよく考えておく必要があります。

詳しくは、

>老後の備えに「401k」 および >iDeCoってなに!?

をご確認ください。

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ