長期的な観点で考えよう

>
投資信託で収益を上げるためには、長期的な視点を持つことが重要です。

投資信託は、1本のファンドで多くの投資対象に分散投資しているため、株式やFXと比べると価格変動の幅が相対的に小さい金融商品です。
短期間の売買でリターンを狙うより、長期的に資産を増やすことに適しています。

【長期投資のメリット】
複利効果が生まれる
長期でファンドを保有していると、組入銘柄の利子や配当などの発生する機会が増え、さらにその利子や配当にもさらに利息をつけることができます。

コスト負担の軽減
ファンドによっては、購入時・解約時に手数料がかかるファンドがあります。例えば、販売手数料が3%(税抜)の場合、保有期間によって以下の差が出ます。
1年で解約:手数料率3%
10年で解約:手数料率0.3%(=3%÷10年)
長期投資をすることで、運用成績に与えるコストの影響を軽減することができます。

収益の安定化が期待できる
短期での投資に比べて、長期投資は値動きのブレ幅が小さくなる傾向があります。つまり、長期で投資することによって、リスクが抑えられ、収益の安定化が期待できます。

 

資産配分と投資期間を決めるポイント

長期間での運用を考えることが基本ですが、それだけではなく、投資の目的、期間、予算など投資をするにあたっては、投資に回す資産の配分を考えることも大切です。その際に気を付けたいのが、「安全性」、「流動性」、「収益性」という3つのポイント。減ってしまっては困る資産は「安全性」を、すぐではないかもしれないけれど、使う可能性がある資産は「流動性」を、余裕資産には「収益性」をと、資産の性格により注意すべきポイントは異なるのです。

 

【資産配分を考える3つのポイント】

安全性元本割れリスク(投資した資金が減る可能性)の大きさ

流動性:投資した資金をすぐに現金化できるかどうか

収益性:どれくらいの利益を狙えるか

こうしたポイントを押さえながら、商品の組み合わせを考える分散投資」を行っていくのが、資産運用の基本なのです。金融商品は、経済の流れの中で様々な影響を受けながら変動しています。したがって、それぞれの金融商品の変動特性を活かし投資すれば運用資産全体が目減りするリスクを軽減し、かつ効率よく収益率を上げることができるのです。

 

投資の目的は2種類ある

投資とはリスクを最小限にしながらリターンを得る試みです。投資を目的として取引をしているのは、安定した収益を得たいからです。元本を守りながら、少しでも利益を得たいと考え方です。

これに対して、リスクが大きすぎるのにも関わらず、将来予想される価格変化から大きなリターンを得ようとするのが「投機」です。投機を目的としているのはヘッジファンドと言われるファンドです。彼らはより多くの利益を得ようと、市場が大きく動いている間に、売買を行い利益を得ます。また、個人投資家の投資手法は、「トレーディング」と言われる、短期間の売買で値上がりによる利益を得ようとする手法で、これもリスクが高い取引です。また「デイトレード」という1日のうちに何度も売買を繰り返す手法もあります。

これに対し、投資目的の投資は「インベストメント」と言われます。これは、価格が安定している債券や優良銘柄長期間に渡って保有し、着実にリターンを得ようという考え方です。

本来投資の基本は、トレーディングという短期的な視点での投資手法ではなく、長期的な視点で行うインベストメントなのです。投資信託という金融商品は、トレーディングと言われる短期間での売買に向いた金融商品ではありません。着実に収益を上げたい方が、中長期的に安定的に収益を上げたいという方に向いた金融商品なのです。

 

積立投資で時間分散

積立投資は、定期的に一定金額を購入していく方法です。
※積立投資の場合、購入口数を均等にするよりも、購入金額を均等にする方が、平均購入価格を下げることができます。

投資信託の基準価額は日々変動します。「基準価額が低い時に買って、高い時に売る」ことができれば理想ですが、売買のタイミングで成功するのはプロであっても難しいものです。

そこで投資を始めたばかりの人にもオススメの手法が積立投資です。同じ金額で投資することによって、基準価額が高い時は口数を少なく、基準価額が低い時は口数を多く買うことができ、その結果、平均取得単価を引き下げる効果があります。

【毎月1万円ずつ積立投資を行った場合】

購入金額の合計を取得した口数で割り戻したものを平均取得単価といいます。

上記の場合の平均取得単価=40,000÷(10,000+8,334+14,286+10,000)×10,000=9,385円

⇒1月、2月、4月の基準価額より、平均取得単価が低くなります。

【積立投資のメリット】
少額から始められる
投資というと、まとまった金額が必要なのでは?と不安になりますが、積立の場合は100円~1,000円程度で始めることができます。ボーナス月にいつもの金額に上乗せすることもできますし、途中で金額設定を変更することも可能です。少額から始めることができるので、これから投資を始めようとお考えの方にもオススメの方法です。

購入タイミングで悩まない
積立投資の場合は、放っておいても自動的に同じ金額を購入することになります。「いつ買えば良いのかわからない」という悩む必要はありませんし、平均取得単価の引き下げ効果にも期待できます。

 

積立投資は万能?

では、積立投資さえしていれば万能なのでしょうか。

タイミングに悩まずに投資できるのが積立投資のメリットですが、一括で投資した方が利益が出る場合もあることを理解しておきましょう。

相場環境により、基準価額の上昇が続く場合や下落が継続するような場合は、積立投資を行うよりも一括でまとめて投資する方が投資成果が良くなるケースもあります。つまり、積立投資であれば必ず高いリターンが上げられるということではありません。

【基準価額が右肩上がりで上昇した場合】

毎月1万円ずつ積立投資を行った場合の平均取得単価 =40,000÷(10,000+9,524+9,346+9,091)×10,000=10,537円

当初にまとめて4万円投資した場合の平均取得単価は10,000円になるので、積立投資を行った場合の方が、平均取得単価が高く(投資家にとっては不利に)なります。

一方、短期的に相場の上昇・下落が続いたとしても、長期的な観点で見た場合には、右肩上がりで上昇し続けることは考えにくく、ある程度上下に変動しながら推移していくと見込まれます。そういった意味では、長期的な資産運用を検討するのであれば、積立投資は有効な投資手段ということができます。

みんかぶ投信 使い方

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ