積立投資は投資初心者にお勧め

>積立投資は、少額からスタートでき、投資タイミングに悩む必要が無いので、投資初心者にお勧めの投資手法

積立投資は、定時定額買付、ドル・コスト平均法などとも呼ばれていますが、定期的に一定金額分を買っていく方法になります 。基準価額によって口数が変わり、高値の時は少なく、安値の時は多くなります。その結果、平均取得単価を引き下げる効果があります。

<毎月1万円ずつ積立投資を行った場合>

購入金額の合計を取得した口数で割り戻したものを平均取得単価といいます。

上記の場合の平均取得単価=40,000÷(10,000+8,334+14,286+10,000)×10,000=9,385円

⇒1月、2月、4月の基準価額より、平均取得単価が低くなります。

【積立投資のメリット】

①少額から始められる 積立投資の場合、100円~1,000円程度から始めることができます。また、 ボーナス月の掛け金を上乗せしたり、収入に合わせて、月々の掛け金を変更することもできます。少額から始めることができるので、資産運用の第一歩として利用するのに適しています。

②購入タイミングに悩む必要が無い 投資を始める際、なるべく良いタイミング(これから上昇しそうなタイミング)で買いたいと思うものですが、ベストの買い時を見つけることは、プロでも難しいのが現実です。 積立投資であれば、定期的に同じ金額を購入することになるので、購入タイミングに悩む必要はありません。一度始めてしまえば、特に意識することなく資産運用を始めることができます。

【積立投資は万能?】

運用期間内の値動きが山型であったり、増加(下落)基調がずっと続くような場合、積立投資を行うよりも、当初にまとめて投資をする(バイ・アンド・ホールド)方がリターンは良い結果になります。つまり、積立投資であれば必ず高いリターンを上げられるということではありません。

<基準価額が右肩上がりで上昇した場合>

毎月1万円ずつ積立投資を行った場合の平均取得単価 =40,000÷(10,000+9,524+9,346+9,091)×10,000=10,537円

当初にまとめて4万円投資した場合の平均取得単価は10,000円になるので、積立投資を行った場合の方が、平均取得単価が高く(投資家にとっては不利に)なります。

一方、短期的に相場の上昇・下落が続いたとしても、長期的な観点で見た場合には、右肩上がりで上昇し続けることは考えにくく、ある程度上下に変動しながら推移していくと見込まれます。そういった意味では、長期的な資産運用を検討するのであれば、積立投資は有効な投資手段ということができます。

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ