投資信託の仕組み

>投資信託とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、プロが運用してくれる金融商品

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが国内外の株式や債券などに分散して投資・運用します。
「集めた資金をどのように運用するか」は、投資信託毎の運用方針に基づき、ファンドマネージャーが選定します。

運用の成果によっては、分配金として投資家に還元されます。また買った時よりも価値(基準価額)が上がった状態で売れば、その差額が利益になります。

ただし、元本保証はされていないため、運用の成果によっては分配金が還元されなかったり、買った時の価値(基準価額)よりも下がってしまうこともあります。

投資信託は、投資家から集めた資金を元に「販売会社」「委託会社(運用会社)」「受託会社(信託銀行)」の3機関が役割を分担し、運用されています。

販売会社:投資信託の募集・販売の取扱いや解約請求の受け付け、収益分配金や解約代金、償還金の支払いを行います
委託会社(運用会社):投資家から集めた資金を元に、ファンドの組成、受託会社へ運用の指図を行います。
受託会社(信託銀行):委託会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資産の管理を行います。

<イメージ図>

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ