みんかぶ投信 使い方

投資信託のしくみ

>
ここからいよいよ投信とは何か、その仕組みについて見ていきましょう。一言でいうと、投信(投資信託)とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、プロが運用してくれる金融商品のことです。

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャー国内外の株式や債券などに分散して投資・運用します。
「集めた資金をどのように運用するか」は、投資信託毎の運用方針に基づき、ファンドマネージャーが選定します。

運用の成果によっては、分配金として投資家に還元されます。また買った時よりも価値(基準価額)が上がった状態で売れば、その差額が利益になります。

ただし、元本保証はされていないため、運用の成果によっては分配金が還元されなかったり、買った時の価値(基準価額)よりも下がってしまうこともあります。

投資信託は、投資家から集めた資金を元に「販売会社」「委託会社(運用会社)」「受託会社信託銀行)」の3機関が役割を分担し、運用されています。

販売会社:投資信託の募集・販売の取扱いや解約請求の受け付け、収益分配金や解約代金、償還金の支払いを行います
委託会社(運用会社:投資家から集めた資金を元に、ファンドの組成、受託会社へ運用の指図を行います。
受託会社信託銀行:委託会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資産の管理を行います。

<イメージ図>

投資信託の特徴

上記のように投資信託は、運用会社受託会社販売会社の3者によって成り立っているため、破綻リスクに強いという特徴があります。ファンドの資産を保管・管理しているのは、ファンドを運用する運用会社でも、ファンドを販売する販売会社でもなく、受託会社だからです。このため、販売会社運用会社が倒産しても、投資家のファンド資産は保護される仕組みになっているのです。また、ファンドの資産は、受託会社の資産とは分けて管理される(分別管理)ことになっているため、万が一、受託会社が倒産しても影響を受けることはないのです。

また、たくさんの投資家から資産を預かり資産を運用するということは、個人では直接投資できないようなマーケットにも手軽に投資ができますし、集めた資産を安全かつ効率的に運用できるよう、ローリスク・ローリターンの商品とハイリスク・ハイリターンの商品を組み合わせることで、目的に沿った運用を行ってくれるのです。

まとめると、以下のようになります。

少額からはじめられる
株式や債券はある程度まとまった資金が必要ですが、投資信託は1万円程度から始めることができます。積立投資の場合、販売会社によっては100円程度から始めることができるので、投資に回すことの出来る資金が少なくても、手軽に始めることができます。

 

専門家(プロ)が運用
投資信託は、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家(プロ)が運用を行います。投資対象に関する情報収集や銘柄選定について、その道のプロに任せることができるので、手間や時間をかけずに資産運用が実現でき、投資初心者にもお勧めです。

 

分散投資でリスク軽減
投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けて、リスクを分散させることです。投資信託はまとまった資金を様々な商品に投資しているので、株式やFXと異なり、リスクを軽減することに優れています。

 

個人では投資しにくい地域や商品に投資が可能
海外の株式や債券の情報を個人で集めるためには非常に手間がかかります。また、個人投資家による売買が認められていない国や地域もあります。投資信託であれば、そういった個人では手が出しにくい地域の資産に対しても投資することが容易に実現できます。

 

投資信託の口数計算

※投資信託は口数を元に計算します(口数は小数点以下切り上げ)

 購入時 

基準価額÷10,000=1口当たりの基準価額(A)
購入価額÷(A)=購入口数
※購入金額÷(基準価額÷10,000)=口数 でも可

 売却時 

基準価額×売却口数÷10,000=返還金額
※基準価額÷10,000×売却口数=返還金額 でも可

 

償還の仕方は2種類

定時償還:投資信託ごとに決められている、信託期間の終了に伴う償還

繰上償還:運用目的を達成した、投資信託の規模(純資産額)が小さくなったなど、信託期間の途中で運用が終了した時の返還

※定時償還でも、運用会社の判断で信託期間を延長することができます。これを「償還延長」と言います。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ