みんかぶ投信 使い方

ラップ・アカウント(らっぷ・あかうんと)

投資一任契約に基づき、お金の運用を任せる取引のことです。運用の専門家が、運用方法や金融商品の選択、管理を行ってくれます。

通常の金融商品の取引は、金融機関と個別に取引をしますが、ラップアカウントでは、毎回の取引の確認を死ん買うても、金融機関はまさかれたお金でいろいろな金融商品を組み入れたり入替えたりすることができます。つまり、金融商品をまとめてラッピングして提供するサービスなのです。

投資家と金融機関との間で投資一任契約を結ぶことで可能となります。これは年金基金などでは一般的に行われている契約ですが、個人向けとしては富裕層向けのプライベートバンキングとして行っていたサービスに近いものです。日本で提供されているラップアカウントは、実質的には投資信託を束にして運用を行うファンドラップの形式がほとんどです。

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ