みんかぶ投信 使い方

リターン(りたーん)

投資したお金(投資元本)に対して得られる収益の割合を計算したものです。

収益にはインカムゲイン(利息や配当など)とキャピタルゲイン元本の値上がり益)を合算して評価します。

 

みんかぶ投信でのリターンの計算は下記のようになっています。

分配金再投資方式という分配金の再投資収益も考慮した収益率であり、月中に分配金の支払いがあった場合にはその時点で再投資したものとして収益率を計算しています。

月間収益率は下記の計算式に基づき計算を行っており、評価期間の期首と期末の基準価額をもとに算出された「時間加重収益率」であり、これはキャッシュフローの影響を排除し、ファンドマネージャーの運用パフォーマンスを評価する基礎的な収益指標となります。

月間収益率の計算式

平均年間収益率は評価期間の月間収益率データをもとにその算術平均値を計算したものです。

平均月間収益率=AVERAGE{(月間収益率)・・・・・}

 

年間収益率は評価期間12ヵ月の月間収益率のデータに1を加えた数値を掛け合わせえることにより累積収益率を算出し、これから1を引いて求めたものです。また、年平均収益率は同様に評価期間の月間収益率のデータをもとに算出した累積収益率を12/評価期間月数(例えば3年の場合なら12/36)でべき乗することにより、年率換算しています。

年間収益率および年平均収益率は平均月間収益率で求めた「算術平均収益率」に対して「幾何平均収益率」と呼ばれるもので、算術平均収益率がパフォーマンス「期待値」であるのに対して、幾何平均収益率はファンドの運用パフォーマンスを「成長率」という観点から評価した収益率です。幾何平均収益率は、統計的にはファンドの将来価値を予測する確率分布の中央値(それを上回る確率と下回る確率が等しくなる値)を推計するものとされます。

年平均収益率=POWER{PRODUCT〔(1+月間収益率)・・〕,12/評価月数}-1

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ