instruction みんかぶ投信 使い方

格付け(かくづけ)

格付けとは、公社債の元利払いの確実性を測定し、簡単な記号で表示したものであり、通常、専門の格付会社が行っています。格付会社は、債券の格付けにあたり、担保の有無、財務上の特約、他の負債との優先劣後条件などを踏まえて発行企業の財務・営業状況を分析することで元利払いの安全性を測定し、その結果を記号で表示します。

 

格付け記号の定義例

格付記号 格付投資情報センター 格付記号 ムーディーズ
AAA 信用力は最も高く、多くの優れた要素がある Aaa 信用力が最も高く、信用リスクが最小限であると判断される債務に対する格付け
AA 信用力は極めて高く、優れた要素がある Aa 信用力が高く、信用リスクが極めて低いと判断される債務に対する格付け
A 信用力は高く、部分的に優れた要素がある A 中級の上位で、信用リスクが低いと判断される債務に対する格付け
BBB 信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある Baa 信用リスクが中程度と判断される債務に対する格付け。中位にあり、一定の投機的な要素を含む
BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある Ba 投機的要素を持ち、相当の信用リスクがあると判断される債務に対する格付け
B 信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある B 投機的であり、信用リスクが高いと判断される債務に対する格付け
CCC 債務不履行に陥っているか、またはその懸念が強い。債務不履行に陥った債権は回収が十分には見込めない可能性がある Caa 安全性が低く、信用リスクが極めて高いと判断される債務に対する格付け
CC 債務不履行に陥っているか、またはその懸念が極めて強い。債務不履行に陥った債権は回収がある程度しか見込めない Ca 非常に投機的であり、デフォルトに陥っているか、あるいはそれに近い状態にあるが、一定の元利の回収が見込めると判断される債務に対する格付け
C 債務不履行に陥っており、債権の回収もほとんど見込めない C 最も格付けが低く、通常、デフォルトに陥っており、元利の回収の見込みも極めて薄い債務に対する格付け

(出所)格付投資情報センターおよびムーディーズのHPによる

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ