instruction みんかぶ投信 使い方

イールドカーブ(いーるどかーぶ)

ある位置時点において残存期間のみが異なる債券を対象とし、横軸に残存期間、縦軸に最終利回りをとって対応点を打点し、曲線で結んだ図表のことです。利回りの期間構造を示すために使われます。「利回り曲線」とも言われます。

クーポンの違いによる利回り格差などにより、すべての点が1本の曲線上に分布するわけではありませんが、残存期間と利回りとの間に「右下り」(今後の利回り低下傾向)か「右上り」(今後の利回りは上昇傾向)といった傾向を読み取ることにより、これを投資判断のための金利予測に用いることができます。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ