みんかぶ投信 使い方

受託会社(じゅたくがいしゃ)

受託銀行のことで、投資信託の組み入れ資産の保管・管理、運用の執行などを執り行います。信託業務を営んでいる銀行がこの業務を行います。

証券会社や銀行などの販売会社を通じて販売された投資信託の購入資金は、その全額が受託会社に預けられます。販売会社が購入者のお金を預かるわけではないのです。

このしくみのおかげで、投資信託の資産の安全性が確保されています。銀行預金とは違い、投資信託は預金保険による保護を受けられませんが、受託会社が投資信託の資産を管理するので、仮に販売会社運用会社が破綻しても、投資信託は保全されます。受託会社が破綻した場合でも、受託会社の資産と、投資信託の資産を分けて管理する「分別管理」という制度があるため、投資信託の資産は差し押さえの対象とはならないようになっています。

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ