野村アセットマネジメント

野村カルミニャック・ファンドBコース

お気に入りに追加
基準価額12/03
11,720
-53(-0.45%)

基本情報

レーティング ★ ★ ★
リターン(1年) 17.23%(921位)
純資産額 52億3200万円
決算回数 年2回
販売手数料(上限・税込) 3.30%
信託報酬 年率0.99%
信託財産留保額 0.30%

基準価額・純資産額チャート

※チャートのパーセンテージは、期間の始点からそれぞれ何パーセント動いているかを表します。

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

運用方針

1. 外国投資信託(円建)への投資を通じて、新興国を含む世界各国の株式、債券(国債、政府機関債、社債等)を実質的な主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。

2. 各投資対象資産への投資配分比率は、想定リスク期待リターンの見通しやリスク分散、グローバルなマクロ経済環境の分析を踏まえて決定します。

3. 3年以上の投資期間において参考指数(MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(税引き後配当込み、ドルベース)をユーロ換算した指数と、ICE BofA Global Gavernment Index(ドルベース)をユーロ換算した指数を年初時点で50%ずつ合成した指数)を上回る投資成果を目指して運用を行ないます。

4. 効率的な運用を行うために、為替、債券、金利、クレジット、株式、ETF、配当または各種指数等を裏付けとするデリバティブ取引(オプション、先物、先渡取引、スワップ取引等)を活用する場合があります。

5. 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを目的とした為替取引を行ないません。

ファンド概要

受託機関 野村信託銀行
分類 複合商品型-国際複合商品型
投資形態 ファンド・オブ・ファンズ方式
リスク・リターン分類 バランス(収益重視)型
設定年月日 2013/04/24
信託期間 2023/05/15
ベンチマーク -
評価用ベンチマーク MSCI AC世界株(配当込み)<Y>(WMR最終日前日)50%+FTSE世界国債<Y>(WMR最終日前日)50%

リターンとリスク

期間 3ヶ月 6ヶ月 1年 3年 5年 10年
リターン
1.03%
(1017位)
-1.18%
(1477位)
17.23%
(921位)
7.90%
(622位)
5.04%
(696位)
-
(-位)
標準偏差
4.38
(567位)
4.89
(689位)
9.45
(876位)
10.52
(457位)
10.76
(418位)
-
(-位)
シャープレシオ
0.24
(779位)
-0.24
(1103位)
1.83
(966位)
0.75
(491位)
0.47
(634位)
-
(-位)

ファンドと他の代表的な資産クラスとの騰落率の比較

野村カルミニャック・ファンドBコースの騰落率と、その他代表的な指標の騰落率を比較できます。価格変動の割合を把握する事で取引する際のヒントとして活用できます。
最大値
最小値
平均値

レーティング

1年 ★ ★ ★
2年 ★ ★ ★ ★
3年 ★ ★ ★
5年 ★ ★ ★

1万口あたり費用明細

明細合計 58円
信託報酬 58円
売買委託手数料 0円
有価証券取引税 0円
保管費用等 0円
売買高比率 0.01%

運用会社概要

運用会社 野村アセットマネジメント
会社概要 野村グループにおけるアセット・マネジメント部門の中核会社としてグローバルに資産運用ビジネスを展開
取扱純資産総額 37兆9719億円
設立 1959年12月

口コミ・評判

このファンドのレビューはまだありません。レビューを投稿してみませんか?

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン
(1年)
基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
野村カルミニャック・ファンドAコース 野 村 ★ ★ 9.46% 11,822
(12/03)
9,502
楽天みらいファンド 楽 天 ★ ★ ★ 21.97% 18,136
(12/03)
3,200
野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドルコース)毎月分配型 野 村 ★ ★ 39.11% 9,926
(12/03)
80,222
青のライフキャンバス・ファンド(標準型) T&Dアセット ★ ★ 16.11% 10,490
(12/03)
1,704

ページTOPへ