みんかぶ投信 使い方
グローバル・ストックBコース(世界樹)
お気に入り(0件)
運用会社:野村アセットマネジメント
受託機関:野村信託銀行
分類:国際株式型-グローバル株式型
リスク・リターン分類:バランス(収益重視)型
基準価額(2019/03/25) 前日比-235円 (-1.96%) 11,773

基本情報

  • リターン(1年) 2.35%(423位)
  • 手数料(上限) 3.24%
  • 信託報酬 1.08%
  • 純資産額 7,700百万円
  • レーティング ★ ★ ★

グローバル・ストックBコース(世界樹)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

運用方針

1. 外国投資信託(円建)への投資を通じて、世界各国(新興国を含みます)の株式(DR(預託証書)を含みます)を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。

2. 円建て外国投資信託「ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅢ-グローバル・ストック-クラスB」および国内投資信託「野村マネー マザーファンド」を投資対象とし、通常の状況においては、「ノムラ・マルチ・マネージャーズ・ファンドⅢ-グローバル・ストック」への投資比率は、概ね90%以上を目処とします。

3. 投資対象ファンドでは、複数の副投資顧問会社を選定し、ファンド全体のリスク特性の状況を絶えずモニターすることのより、必要に応じて各副投資顧問会社が運用する信託財産の配分比率の変更や副投資顧問会社の入替を適宜行ないます。

4. 実質組入外貨建通貨については、原則として為替ヘッジを行ないません。

5. 副投資顧問会社の選定および信託財産の配分比率決定にあたり、野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー株式会社より助言を受けます。

運用会社概要

2019年03月15日現在
運用会社 野村アセットマネジメント
会社概要 野村グループにおけるアセット・マネジメント部門の中核会社としてグローバルに資産運用ビジネスを展開
取扱純資産総額 26兆2827億円 設立 1959年12月
  • ファンド概要

    設定年月日 2015/12/09
    信託期間 2026/03/27
    決算回数 年2回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.24%
    信託報酬 年率1.08%
    信託財産留保額 0.30%

カスタマーレビュー

レビューを書く
  • 発表者:匿名さん 2018/04/14

    そろそろ売却かな。為替ヘッジがないと、為替の影響がもろに出る。 純資産額も減る一方なので、ここらが潮時と考える。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(1) いいえ(0)

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ