みんかぶ投信 使い方
野村高配当インフラ関連株プレミアム(通貨セレクトコース)(年2回決算型)
お気に入り(0件)
運用会社:野村アセットマネジメント
受託機関:野村信託銀行
分類:国際株式型-グローバル株式型
リスク・リターン分類:値上がり益追求型
基準価額(2019/03/19) 前日比61円 (+0.38%) 15,940

基本情報

  • リターン(1年) -0.02%(595位)
  • 標準偏差(1年) 21.57(995位)
  • 信託報酬 0.9504%
  • 純資産額 3,371百万円
  • レーティング ★ ★ ★

野村高配当インフラ関連株プレミアム(通貨セレクトコース)(年2回決算型)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

運用方針

1. 外国投資信託(円建)への投資を通じて、世界各国のインフラ関連企業の株式、および米国の金融商品取引所に上場されているMLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)等を実質的な主要投資対象とし、高水準のインカムゲインの確保と中長期的な信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。

2. 「インフラ関連企業」とは、産業や生活の基盤となる設備やサービスの提供を行なう企業や、インフラの発展に伴って恩恵を受けると考えられる企業をいいます。

3. 「インフラ関連株プレミアム戦略」を活用し、保有する銘柄にかかるコール・オプションを売却し、オプションのプレミアム収入の獲得を目指します。

4. 原則として、実質的に当該組入資産にかかる通貨を売り、選定通貨(米ドルを除く)を買う為替取引を行ないます。選定通貨は、原則として、JPモルガン・ガバメント・ボンドインデックス・エマージング・マーケッツ・ブロード構成国の通貨の中から、金利水準、ファンダメンタルズ流動性等を考慮し、相対的に金利が高い5つの通貨を選定することを基本とします。

運用会社概要

2019年03月15日現在
運用会社 野村アセットマネジメント
会社概要 野村グループにおけるアセット・マネジメント部門の中核会社としてグローバルに資産運用ビジネスを展開
取扱純資産総額 26兆2827億円 設立 1959年12月
  • ファンド概要

    設定年月日 2012/10/24
    信託期間 2022/09/26
    決算回数 年2回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 4.32%
    信託報酬 年率0.9504%
    信託財産留保額 0.30%

カスタマーレビュー

レビューを書く

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ