みんかぶ投信 使い方
ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド
お気に入り(0件)
運用会社:ブラックロック・ジャパン
受託機関:みずほ信託銀行
分類:複合商品型-国際複合商品型
リスク・リターン分類:バランス(収益重視)型
基準価額(2019/07/18) 前日比-84円 (-0.87%) 9,618

基本情報

  • リターン(1年) 0.11%(970位)
  • 手数料(上限) 3.24%
  • 信託報酬 0.3934%
  • 純資産額 349200万円
  • レーティング ★ ★ ★

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(為替ヘッジなし/年2回決算型) 三井住友DS ★ ★ ★ 0.38% 9,639
(07/18)
10,009
eMAXISバランス(4資産均等型) 三菱UFJ国際 ★ ★ ★ 0.28% 11,278
(07/18)
1,681
あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2018-02(ぜんぞう1802) あおぞら ★ ★ ★ 0.06% 10,067
(07/18)
6,023
楽天ターゲットイヤー2040 楽 天 ★ ★ ★ 0.12% 12,460
(07/18)
525

運用方針

1. 投資信託証券への投資を通じて、国内外の債券および株式ならびに海外の不動産投資信託証券(リート)を主な投資対象とし、各投資対象資産を代表する指数(対象指数)で構成される複合インデックスに連動する投資成果を目指します。

2. 複合インデックスは、対象指数のリターンに、委託会社が定める各資産への資産配分比率(基本投資割合)を乗じて算出されます。

3. 基本投資割合は、各投資対象資産についてブラックロックが推計する長期的に期待される収益率およびリスク等をもとに最適化を行い、想定変動リスクの水準があらかじめ定めた目標値程度となるように決定し、原則として毎年見直されます。なお、当該目標値は年率12%程度です。

4. 基本投資割合は、国内債券24.6%、国内株式26%、先進国債券12.7%、先進国株式26%、新興国株式5%、先進国リート5.7%とします。(2019年3月1日現在)

5. 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

6. 投資信託等への投資にかかる運用の指図に関する権限の一部をブラックロック・アセット・マネジメント・ノース・アジア・リミテッドに委託します。

運用会社概要 2019年07月16日現在

運用会社 ブラックロック・ジャパン
会社概要 米国ニューヨークに本拠を置く世界最大級の資産運用会社の資産運用部門
取扱純資産総額 1兆5385億円 設立 1988年03月
  • ファンド概要

    設定年月日 2018/01/10
    信託期間 無期限
    決算回数 年1回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.24%
    信託報酬 年率0.3934%
    信託財産留保額 -

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド 三井住友DS ★ ★ ★ ★ 3.98% 22,906
(07/18)
16,282
小型株ファンド(グローイング・アップ) 明治安田 ★ ★ ★ ★ -6.45% 54,663
(07/18)
32,069
Oneフレキシブル戦略日本株ファンド(フレックス・ジャパン) AM-One ★ ★ ★ ★ -6.23% 8,793
(07/18)
4,408
三井住友・日経アジア300iインデックスファンド 三井住友DS ★ ★ ★ ★ 0.61% 8,721
(07/18)
1,258

カスタマーレビュー レビューを書く

  • 発表者:SBI証券ユーザーさん 2018/05/10

    積立投資用に設定されたファンドですね。国を分散、時間を分散し、リスクを最小限に抑えながら、資産形成していくのはすごくいいと思う。 手数料が高めだけど、積み立てていくことを考えれば、手数料よりは、信託報酬の方が重要。その意味では信託報酬は安く抑えられているので、これはいいかもしれないですね。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(0) いいえ(0)


ページTOPへ