みんかぶ投信 使い方
次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G)
お気に入り(2件)
運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント
受託機関:三井住友信託銀行
分類:国際株式型-グローバル株式型
リスク・リターン分類:値上がり益追求型
基準価額(2019/06/19) 前日比201円 (+1.96%) 10,481

基本情報

  • リターン(1年) 1.38%(416位)
  • 手数料(上限) 3.24%
  • 信託報酬 1.1664%
  • 純資産額 31918000万円
  • レーティング ★ ★ ★

次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン Sストリート ★ ★ ★ ★ 1.11% 20,416
(06/19)
16,859
損保ジャパン-TCW外国株式ファンド(Bコース) 損保J日本興亜 ★ ★ ★ 1.17% 13,505
(06/19)
2,048
グローバル・ベスト・ファンド 三井住友DS ★ ★ ★ 1.25% 11,618
(06/19)
2,870
ダイワ投信倶楽部外国株式インデックス 大 和 ★ ★ ★ ★ 1.03% 20,902
(06/19)
6,826

運用方針

1. 外国投資信託(円建)への投資を通じて、主として日本を含む世界各国の金融商品取引所等に上場(上場予定を含みます)している次世代通信関連企業の株式(預託証書(DR)を含みます)に投資し、投資信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。

2. 主要投資対象ファンドにおける投資銘柄は、次世代通信関連企業の中から、ファンダメンタルズ分析を通じて、成長性や株価の割安度を検証したうえで選定します。

3. 主要投資対象ファンドの運用は、ニューバーガー・バーマングループの運用会社であるニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シーが行います。

4. ポートフォリオは、地域分散等を考慮しながら構築します。

5. 組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

運用会社概要

2019年06月17日現在
運用会社 三井住友トラスト・アセットマネジメント
会社概要 三井住友トラストグループの資産運用会社
取扱純資産総額 3兆9653億円 設立 1999年04月
  • ファンド概要

    設定年月日 2017/12/15
    信託期間 2028/01/07
    決算回数 年1回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.24%
    信託報酬 年率1.1664%
    信託財産留保額 -

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
モビリティ・イノベーション・ファンド BNYメロン -18.98% 8,064
(06/19)
191,956
ダイワ/ミレーアセット・インド株式ファンド-インドの匠- 大 和 ★ ★ 0.12% 8,385
(06/19)
37,409
JPMグローバル医療関連株式ファンド JPモルガン ★ ★ ★ 5.18% 9,410
(06/19)
53,933
みのりの投信 ポートフォリア ★ ★ -17.33% 13,658
(06/19)
30,093

カスタマーレビュー

レビューを書く
  • 発表者:匿名さん 2018/05/18

    4月の資金流入額トップですね(祝) 要チェックです!

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(8) いいえ(2)

  • 発表者:SBI証券ユーザーさん 2018/03/08

    次世代通信はテーマとしては、すごく有望だと思う。だけどこの投信SBI証券で扱ってない。扱ってほしい。。。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(3) いいえ(2)

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ