三井住友DSアセットマネジメント

京都企業株式ファンド(資産成長型)

お気に入りに追加
基準価額10/22
10,383
22(+0.21%)

基本情報

レーティング -
リターン(1年) -(-位)
純資産額 263億9000万円
決算回数 年1回
販売手数料(上限・税込) 3.30%
信託報酬 年率1.353%
信託財産留保額 -

基準価額・純資産額チャート

※チャートのパーセンテージは、期間の始点からそれぞれ何パーセント動いているかを表します。

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

運用方針

1. マザーファンドへの投資を通じて、日本の取引所の上場している株式の中から、京都関連企業の株式へ投資を行い、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。

2. 「京都関連企業」とは、京都府もしくは滋賀県(同地域)に本社(本社に準ずるものを含みます)を置いている企業、同地域において雇用の創出など積極的に事業活動を行っている企業、同地域との関連の強い企業のいずれかをいいます。

3. 「京都関連企業」から、同地域に本社を置いている企業の時価総額上位20社の株式を対象として投資を行う「ベースポートフォリオ」と、それ以外の企業の株式を対象として投資を行う「セレクトポートフォリオ」を構築し、2つのポートフォリオを組み合わせることで幅広い企業の株式に投資します。

4. 「ベースポートフォリオ」と「セレクトポートフォリオ」への投資割合は純資産総額に対してそれぞれ60:40を基本とし、各ポートフォリオで選定された銘柄の時価総額や流動性等を勘案し、全体のポートフォリオを決定します。

ファンド概要

受託機関 SMBC信託銀行
分類 国内株式型-国内株式アクティブ型
投資形態 ファミリーファンド方式
リスク・リターン分類 値上がり益追求型
設定年月日 2020/11/26
信託期間 2030/11/15
ベンチマーク -
評価用ベンチマーク TOPIX

リターンとリスク

期間 3ヶ月 6ヶ月 1年 3年 5年 10年
リターン
2.27%
(837位)
2.07%
(733位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)
標準偏差
7.20
(81位)
7.31
(55位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)
シャープレシオ
0.32
(580位)
0.29
(607位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)
-
(-位)

ファンドと他の代表的な資産クラスとの騰落率の比較

京都企業株式ファンド(資産成長型)の騰落率と、その他代表的な指標の騰落率を比較できます。価格変動の割合を把握する事で取引する際のヒントとして活用できます。
最大値
最小値
平均値

レーティング

1年 -
2年 -
3年 -
5年 -

1万口あたり費用明細

明細合計 -
信託報酬 -
売買委託手数料 -
有価証券取引税 -
保管費用等 -
売買高比率 -

運用会社概要

運用会社 三井住友DSアセットマネジメント
会社概要 三井住友フィナンシャルグループ 、大和証券グループ本社、三井住友海上、住友生命、三井住友信託銀行など各金融分野の大手企業を主要株主としつつも特定の金融グループに依存しない、国内株式・債券の運用力及び商品力を強みとする資産運用会社
取扱純資産総額 6兆3246億円
設立 2002年12月

口コミ・評判

このファンドのレビューはまだありません。レビューを投稿してみませんか?

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン
(1年)
基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(ゼロ・コンタクト) 日 興 ★ ★ 21.07% 14,194
(10/22)
616,674
次世代通信関連アジア株式戦略ファンド(THE ASIA 5G) 三井住友トラスト ★ ★ ★ 24.57% 14,342
(10/22)
100,163
テトラ・エクイティ 三井住友DS -5.73% 13,654
(10/22)
135,816
次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G) 三井住友トラスト ★ ★ ★ 32.71% 19,265
(10/22)
624,726

ページTOPへ