みんかぶ投信 使い方
野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型)
お気に入り(2件)
運用会社:野村アセットマネジメント
受託機関:野村信託銀行
分類:複合商品型-国際複合商品型
リスク・リターン分類:バランス(安定重視)型
基準価額(2018/12/11) 前日比-52円 (-0.39%) 13,383

基本情報

  • リターン(1年) 0.04%(367位)
  • 標準偏差(1年) 5.06(327位)
  • 信託報酬 0.54%
  • 純資産額 8,174百万円
  • レーティング ★ ★ ★ ★

野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

運用方針

1. マザーファンドへの投資を通じて、国内および外国の各株式、国内、外国および新興国の各債券、国内および外国の各不動産投資信託証券(REIT)を実質的な主要投資対象とし、信託財産の成長を目的に運用を行なうことを基本とします。

2. 各マザーファンドの対象指数と基本投資比率は、①国内株式:東証株価指数TOPIX)1/6、②外国株式:MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)1/6、③国内債券:NOMURA-BPI総合1/9、④外国債券為替:FTSE世界国債インデックス(除く日本、ヘッジあり・円ベース)1/9、⑤新興国債券:JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンドインデックス・プラス(円ヘッジベース)1/9、⑥J-REIT:東証REIT指数(配当込み)1/6、⑦海外REIT:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円ヘッジ)1/6とします。

3. 原則として、毎月リバランスを行ない、各マザーファンドの対象指数の月次リターンに、ファンドの各マザーファンドへの基本投資割合を掛け合わせた合成指数に連動する投資成果を目指して運用を行ないます。

4. 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないます。

運用会社概要

2018年11月15日現在
運用会社 野村アセットマネジメント
会社概要 野村証券系。97年10月に野村投資信託と野村投資顧問が合併。
取扱純資産総額 25兆4127億円 設立 1959年12月
  • ファンド概要

    設定年月日 2013/09/12
    信託期間 無期限
    決算回数 年1回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 2.16%
    信託報酬 年率0.54%
    信託財産留保額 0.20%

カスタマーレビュー

レビューを書く
  • 発表者:匿名さん 2018/04/12

    為替ヘッジされているところが、すごくいいと思います。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(0) いいえ(0)

  • 発表者:匿名さん 2018/01/31

    インデックスファンドで為替ヘッジがとても充実しているのが野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズ。バランス型で為替ヘッジできるものがあまり無いのでこのこのファンドに投資している。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(1) いいえ(0)

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ