広告を非表示にする

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは

30日間無料で試してみる

通常 990円 / 月(税込)
すでに会員の方はログイン
×

運用会社レポートピックアップ(9月14日~9月20日)

レポート
配信元: ミンカブ・ジ・インフォノイド
投稿:
運用会社レポートピックアップ(9月14日~9月20日)

 投資信託の運用会社より発表された米国や日本などの経済・相場動向などのマーケットレポートをピックアップしてご紹介します。

 

 マーケットレポートとは、アナリストなどによる世界の経済や政治、市況を解説する報告書のことです。こちらでは主に投資信託に影響のある国内外の株式や債券、為替、不動産、コモディティなどに関するレポートを掲載しています。


9月14日(水)

レポート名・運用会社 概要

日本でもインフレが定着する日

三井住友DSアセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 世界各国・地域のCPIが大きく上昇していますが、日本のCPIも高止まる可能性があるのでしょうか。今回は、日本のインフレについて整理したいと思います。

13日の米国株大幅下落と根強い物価上昇懸念

アセットマネジメントOne

運用会社のファンド一覧

 13日に米国株は大幅下落、米金利は急上昇しました。20ー21日開催の米FOMCで0.75ポイントの利上げが確実視されたほか、1.00ポイントの利上げもあり得るとの見方も。ボラティリティ拡大に注意が必要です。

CPIショック再び、その内容を見る

ピクテ・ジャパン

運用会社のファンド一覧

 最近のCPI内訳は、中古車などコロナ関連項目が主要な変動要因であったのに比べ、住居費とそれ以外の幅広い項目が「粘着的」に物価を押し上げる状況に変化しつつあるようです。


9月15日(木)

レポート名・運用会社 概要

なぜ「メタバース」が注目されるのか、単なるブームではない企業の本気度とは

日興アセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 現在はまだ一つの企業が運用するクローズドメタバースがほとんんどですが、やがて複数のプラットフォームやサービスが相互運用されるオープンメタバースに移行すると見込まれます。

2022年9月FOMCレビュー~今回の注目点を整理する

三井住友DSアセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 FRBは9月20日、21日にFOMCを開催します。9月13日発表の8月米消費者物価指数が予想を上回る伸びとなり、市場で一段の大幅利上げが見込まれるなか、金融政策の新たな手掛かりが示されることになります。

為替ヘッジコストについて(2022年9月)

大和アセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 各通貨の為替ヘッジコストは、金融引き締め観測の高まりなどにより、足元では上昇傾向となっています。
​​


9月16日(金)

レポート名・運用会社 概要

米小売は予想外の増加も、前月分は今年初の減少

アセットマネジメントOne

運用会社のファンド一覧

 8月の米小売売上高は市場予想に反して増加も、前月分は速報値から下方改訂され今年初の減少でした。「コア売上高」は増加予想に反して横ばいにとどまりました。

世界の株式が調整するなか、最高値をうかがうインド株

三井住友DSアセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 経済活動の正常化に伴いインドの景気は消費の持ち直しを中心に回復過程にあり、世界的な景気減速のなかでも相対的な高成長が見込まれます。

REITの目利き~メディカル オフィスビルREIT編~

アセットマネジメントOne

運用会社のファンド一覧

 外来診療に対する高い需要、人口動態による追い風、さらに参入障壁が高いことから、着実な成長を遂げています。


9月20日(火)

レポート名・運用会社 概要

日銀レートチェック後の為替介入の可能性について

三井住友DSアセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 報道によると、日銀は9月14日、「レートチェック」を実施した模様です。また、鈴木俊一財務相は同日(円安が続くようであれば)市場に対してあらゆる手段を排除しないと述べ、為替介入も選択肢であることを示唆しました。

中国の景気回復のカギ、ゼロコロナ政策からの転換はあるのか

野村アセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 これまで「ゼロコロナ」に拘ってきた背景には、北京冬季オリンピックを成功させることや、共産党大会で習近平氏が率いる長期政策の基盤を固めようとする思惑があるとされていますが、10月の党大会で新体制が確定後、政策の転換があるかに注目が集まります。

日米の家計金融資産を比べて見ると・・・

日興アセットマネジメント

運用会社のファンド一覧

 日米の家計の金融資産を2000年末の規模と比較すると、日本では約1.4倍なのに対し、米国では約3.2倍と、拡大ペースに大きな違いがみられます。

 

【関連記事】

 

❏ 運用会社レポートピックアップ(9月7日~9月13日)

 143円台を突破した米ドル円の今後(野村アセットマネジメント)他

 

❏ 運用会社レポートピックアップ(8月31日~9月6日)

 気候問題を重視するECBの金融政策:投資家にとって重要な4つのポイント(アライアンス・バーンスタイン)他

 

❏ 運用会社レポートピックアップ(8月24日~8月30日)

 インフレ圧力の高まりから景況感の悪化が続く(ニッセイアセットマネジメント)他

 

❏ 運用会社レポートピックアップ(8月17日~8月23日)

 米国は景気後退するのか(日興アセットマネジメント)他

 

 

 

配信元: ミンカブ・ジ・インフォノイド

このコラムの著者

Original logo minkabu hensyusitu
みんかぶ編集室 (ミンカブヘンシュウシツ)

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

広告を非表示にする

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは
×

投資信託ランキング

  • 人気
  • 売れ筋
  • 利回り
  • 分配金
  • つみたてNISAおすすめ
  • つみたてNISA利回り
広告を非表示にする

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは
×

ページTOPへ