instruction みんかぶ投信 使い方
サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)
お気に入り(6件)
運用会社:三菱UFJ国際投信
受託機関:三菱UFJ信託銀行
分類:国際株式型-グローバル株式型
リスク・リターン分類:積極値上がり益追求型
基準価額(2019/10/15) 前日比174円 (+1.27%) 13,839

基本情報

  • リターン(1年) -5.18%(800位)
  • 手数料(上限) 3.30%
  • 信託報酬 1.87%
  • 純資産額 11302500万円
  • レーティング ★ ★ ★

サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
外国株式指数ファンド 三井住友DS ★ ★ ★ -3.40% 27,596
(10/16)
1,858
MHAM外国株式インデックスファンド(ファンドラップ) AM-One ★ ★ ★ -3.40% 18,503
(10/15)
26,659
SMTグローバル株式インデックス・オープン 三井住友トラスト ★ ★ ★ -3.43% 18,128
(10/16)
67,224
外国株式インデックス・オープン(SMA専用) 三井住友トラスト ★ ★ ★ -3.44% 16,996
(10/16)
4,946

運用方針

1. マザーファンドへの投資を通じて、日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業の株式に投資を行い、主として値上がり益の獲得をめざして運用を行います。

2. 株式等への投資にあたっては、サイバーセキュリティの需要拡大および技術向上の恩恵を享受すると考えられる企業の株式の中から、持続的な利益成長性、市場優位性、財務健全性、株価水準等を考慮して組入銘柄を選定します。

3. サイバーセキュリティ関連企業とは、サイバー攻撃に対するセキュリティ技術を有し、これを活用した製品・サービスを提供するテクノロジー関連の企業等をいいます。

4. 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

5. 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシー運用指図に関する権限を委託します。

運用会社概要 2019年09月17日現在

運用会社 三菱UFJ国際投信
会社概要 三菱UFJフィナンシャルグループにおける資産運用の中核会社
取扱純資産総額 9兆2629億円 設立 2005年10月
  • ファンド概要

    設定年月日 2017/07/13
    信託期間 2022/06/06
    決算回数 年1回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.30%
    信託報酬 年率1.87%
    信託財産留保額 -

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
東京海上・グローバルヘルスケアREITオープン(年1回決算型) 東京海上 ★ ★ ★ ★ 18.64% 13,511
(10/16)
11,600
ひふみプラス レオス ★ ★ -13.79% 37,956
(10/16)
581,145
フィデリティ世界医療機器関連株ファンド(為替ヘッジなし) フィデリティ ★ ★ ★ -6.07% 12,055
(10/15)
42,420
東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 東京海上 ★ ★ ★ ★ ★ 1.23% 27,209
(10/16)
39,652

カスタマーレビュー レビューを書く

  • 発表者:匿名さん 2019/07/27

    扱っている金融機関も多いし、純資産も順調に伸びてるので、このファンドは良さそうですね。これからの情報化社会にとって、サイバーセキュリティというテーマは切っても切れない大事なテーマだし、こうしたファンドはもっておいた方がいいと思う。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(0) いいえ(1)


ページTOPへ