みんかぶ投信 使い方
野村インド株投資
お気に入り(2件)
運用会社:野村アセットマネジメント
受託機関:三菱UFJ信託銀行
分類:国際株式型-アジアオセアニア株式型
リスク・リターン分類:値上がり益追求型
基準価額(2019/06/19) 前日比28円 (+0.11%) 25,901

基本情報

  • リターン(1年) 0.93%(467位)
  • 手数料(上限) 3.24%
  • 信託報酬 2.16%
  • 純資産額 43192200万円
  • レーティング ★ ★

野村インド株投資

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
新生・UTIインドファンド 新 生 ★ ★ ★ 1.67% 18,336
(06/19)
26,300
新生・UTIインドインフラ関連株式ファンド 新 生 ★ ★ ★ 1.26% 7,261
(06/19)
1,098
ダイワ/ミレーアセット・インド株式ファンド-インドの匠- 大 和 ★ ★ 0.12% 8,385
(06/19)
37,562
iTrustインド株式 ピクテ ★ ★ -2.08% 9,819
(06/19)
1,391

運用方針

1. マザーファンド投資を通じて、インドの企業の株式を主要投資対象とし、信託財産の成長をはかることを目的として積極的な運用を行ないます。

2. インド企業の株式を中心に収益性成長性、安定性およびバリュエーション等を総合的に勘案して選択した銘柄に投資します。

3. ファンダメンタルを重視したアクティブ運用を行なうことで、ベンチマークのMSCIインド・インデックス(税引後配当込み・円ベース)を上回る投資成果を目指します。

4. ポートフォリオの構築は、ボトムアップ・アプローチによる銘柄選択を中心とし、トップダウン・アプローチによる業種判断も加味して行ないます。

5. 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。

6. マザーファンドの運用にあたっては、NOMURA ASSET MANAGEMENT SINGAPORE LIMITEDに海外の株式等の運用の指図に関する権限を委託します。

運用会社概要

2019年06月17日現在
運用会社 野村アセットマネジメント
会社概要 野村グループにおけるアセット・マネジメント部門の中核会社としてグローバルに資産運用ビジネスを展開
取扱純資産総額 25兆7733億円 設立 1959年12月
  • ファンド概要

    設定年月日 2005/06/22
    信託期間 2030/07/11
    決算回数 年1回
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.24%
    信託報酬 年率2.16%
    信託財産留保額 0.50%

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
高成長インド・中型株式ファンド 三井住友DS ★ ★ -4.79% 9,070
(06/19)
103,004
netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし) G S ★ ★ ★ ★ 8.04% 15,121
(06/19)
300,130
イーストスプリング・インド消費関連ファンド イーストスプリ ★ ★ ★ 1.84% 11,983
(06/19)
21,997
イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド イーストスプリ ★ ★ ★ ★ ★ 7.41% 9,332
(06/19)
26,764

カスタマーレビュー

レビューを書く
  • 発表者:匿名さん 2019/04/06

    長期投資で考えています。目先値段が下がっても、10年後、20年後に上がっててくれればうれしいです。 インドの将来性に期待しています。インド株の投資信託の中では、これがレーティング高そうだったので、これがいいかなと思っています。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(2) いいえ(0)

  • 発表者:匿名さん 2018/07/06

    10年後、20年後の世界を考えた場合、中国やインドの存在感は今とは比較にならないほどに大きなものになっているでしょう。人口構造、教育水準、産業構造などを考えるとこれは自明なことだと思います。 そのインドへ投資しようと考えた場合、株式を直接購入するはできないため、こうした投資信託での投資となります。 このファンドは数あるインド株投資のファンドの中でも比較的、いい成績を出していると思います。

    コメント このレビューは参考になりましたか? はい(4) いいえ(0)

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ