投資信託でESG投資を始めよう!① ~ESG投資って何?~

コラム
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/07/27 10:15
投資信託でESG投資を始めよう!① ~ESG投資って何?~

ESG投資とは


ESG投資は、従来の財務情報だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資のことです。

短期的な利益の追求への反省から、持続可能な経済を実現させるためにESGが重視されるようになりました。

 

ESG投資が注目され始めたきっかけは


2006年に国連が提唱した「責任投資原則」(PRI)により、ESG投資が世界的に注目されるようになりました。

 

PRIは、投資家として環境、社会、企業統治に関して責任ある投資行動をとることを宣言するものです。原則は以下の6つです。

 

1. 私達は、投資分析と意志決定のプロセスにESG課題を組み込みます。

2. 私達は、活動的な株式所有者になり、株式の所有方針と株式の所有慣習にESG課題を組み入れます。

3. 私達は、投資対象の主体に対してESG課題について適切な開示を求めます。

4. 私達は、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。

5. 私達は、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。

6. 私達は、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告開示します。

 

2015年に年金積立金管理運営独立行政法人(GPIF)が、2015年にPRIに署名しESG投資を始めるなど、日本でもESG投資が広がっています。

 

ESG投資の広がりに伴い、ESG関連の投資信託は、昨年から急激に純資産が増加しており、注目が高まっています。

ESG投資一覧はこちら

 

投資対象銘柄を選別する基準は、企業業績などの財務情報がメインとなるのが一般的なファンドですが、ESG投信は、非財務情報であるESG関連情報も評価するのが特徴です。
 

 

ESG投資が注目される以前は


企業として社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を果たしているかなどを考慮して投資対象を選ぶSRI(Socially Responsible Investment)社会的責任投資があります。

投資信託としては、環境問題への対応が優れた企業および環境に関する事業を行なう日本企業の株式を中心に投資する1999年設定の「日興エコ・ファンド」が最初です。

その後、環境関連ファンド(エコ・ファンド)やSRIファンドが設定されましたが、ファンド数、純資産とも限定的でした。

現在では、エコ・ファンドやSRIファンドもESG投信と呼ばれるのが一般的です。

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
日 興
★ ★ ★

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ