「GS next WIN が資金流入額急増で3位に」2021年8月 資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/09/03 10:45
「GS next WIN が資金流入額急増で3位に」2021年8月 資金流入額速報(推計値)

2021年8月 追加型株式投資信託 資金流入額(推計値)

ランキング(除くETF)
(資金流入額=設定額-解約額)

 

アライアンス・米国成長株投信シリーズは、7月に続いて3ファンドがランクイン

8月の資金流入額トップとなったのは、7月に続いて「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」です。

アライアンス・米国成長株投信シリーズは、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)」が6位、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型」が7位と2か月連続で3ファンドがランクインしています。

 

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN) 流入額急増し3位に

資金流入額3位には「GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN)」が入りました。

ランクインは当初設定の2020年2月以来です。

 

GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN)」は、2020年2月に当初募集と継続募集により1,000億円超の資金を集め、月間資金流入額のトップとなりました。

設定後も資金流入は続いていましたが、上位10位に入る水準には至っていませんでした。

 

今年6月には、基準価額上昇に伴う解約増加から、7億97百万円の資金流出となりました。

7月は、9億65百万円の資金流入となり、さらに8月には、398億78百万円と資金流入額が大幅に増加しました。

順位 ファンド名 運用会社

資金流入額

(百万円)

純資産総額

(百万円)

1 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 92,388 1,254,002
2 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 40,458 606,848
3 GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN) G S 39,878 355,821
4 グローバルAIファンド(予想分配金提示型) 三井住友DS 25,077 241,049
5 グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド 日 興 24,782 496,775
6 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし) アライアンス 23,975 397,490
7 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型 アライアンス 22,303 563,272
8 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(SBI・V・S&P500) SBI 20,759 302,288
9 野村ファンドラップ外国株Aコース 野 村 20,123 145,490
10 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際 19,973 261,393

 

【関連記事】

「アライアンス・米国成長株投信シリーズが3ファンド」 2021年7月資金流入額速報(推計値)

「トップは6月新規設定のグローバル債券ファンド」2021年6月資金流入額速報(推計値)

「実質トップはグローバル・エクスポネンシャル」2021年5月資金流入額速報(推計値)

 

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ