「 米国成長株投信Dが2位に後退、トップになったのは?」 2021年11月資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:
「 米国成長株投信Dが2位に後退、トップになったのは?」 2021年11月資金流入額速報(推計値)

2021年11月 追加型株式投資信託 資金流入額(推計値)ランキング(除くETF)
(資金流入額=設定額-解約額)

 

資金流入額トップは「GSグローバル・ターゲット戦略債券ファンド2021-11(限定追加型)」


2021年11月の資金流入額トップとなった「GSグローバル・ターゲット戦略債券ファンド2021-11(限定追加型)」の投資対象は、日本を含む世界の企業等が発行する米ドル建てまたはユーロ建て債券です。

ファンドの特徴は、原則として本ファンドの信託期間内に満期を迎える債券に投資し、各債券の満期日まで保有する「持ち切り運用」(ターゲット・マチュリティ戦略)にあります。これにより、ファンドを満期償還まで保有することを前提に金利変動リスクを限定することができます。また、外貨建て資産は、原則、対円での為替ヘッジをするので、為替リスクも大幅に低減されます。

高いリターンは、期待できないもののリスクを極力限定するファンドと言えます。

 

「アライアンス・米国成長株投信Dコース」は、高水準の資金流入額継続


アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の連続資金流入額トップは4か月でストップし、11月は2位となりました。

順位は2位に後退したものの、11月の月間資金流入額は、1,259億45百万円となっており、10月の946億60百万円から増加しています。

 

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」の月間資金流入額の推移

 7月  991億87百万円

 8月  923億88百万円

 9月 1,121億68百万円

10月    946億60百万円

11月 1,259億45百万円

 

順位 ファンド名 運用会社

資金流入額

(百万円)

純資産総額

(百万円)​​​​​​

1 GSグローバル・ターゲット戦略債券ファンド2021-11(限定追加型) G S 127,881 127,301
2 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 125,945 1,568,901
3 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 76,685 826,524
4 ベイリー・ギフォード世界成長企業戦略/SMT.LN外国投資証券ファンド(クロスオーバー・グロース) 三菱UFJ国際 55,916 108,377
5 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(SBI・V・S&P500) SBI 34,837 403,240
6 グローバルAIファンド(予想分配金提示型) 三井住友DS 32,911 303,704
7 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし) アライアンス 32,686 504,933
8 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際 30,081 348,644
9 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)) 楽 天 25,841 425,859
10 GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN) G S 25,156 426,319

 

【関連記事】

「予想分配金提示型ファンドが4ファンド」 2021年10月資金流入額速報(推計値)

「アライアンス米国成長株投信シリーズ3ファンドが3か月連続」 2021年9月資金流入額速報(推計値)

「GS next WIN が資金流入額急増で3位に」2021年8月 資金流入額速報(推計値)

 

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

投資信託ランキング

  • 人気
  • 売れ筋
  • 利回り
  • 分配金
  • つみたてNISAおすすめ
  • つみたてNISA利回り

ページTOPへ