ランキングデータ更新 (2021年3月末)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/04/06 09:00
ランキングデータ更新 (2021年3月末)

リターンランキングを2021年3月末基準に更新しました。
 
リターンランキング=(基準価額+分配金(再投資))
 

1年リターンランキング

1年リターンランキングトップは、403.72%の上昇となった「楽天日本株4.3倍ブル」です。

以下、4位まで高レバレッジのブル・ベア型のブル・ファンドが並びました。

5位には、上昇ランキング常連のeMAXIS Neoシリーズの「eMAXIS Neo自動運転」が入りました。

eMAXIS Neoバーチャルリアリティ」(6位 1年リターン 228.02%)、「インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド(世カエル)」(7位 1年リターン 226.79%)も、年間リターンは200%を超えています。

順位 ファンド名 運用会社 リターン(1年)
1 楽天日本株4.3倍ブル 楽 天 403.72%
2 SBI日本株4.3ブル SBI 401.29%
3 ブル3倍日本株ポートフォリオⅤ 大 和 236.93%
4 楽天日本株トリプル・ブル 楽 天 236.08%
5 eMAXIS Neo自動運転 三菱UFJ国際 230.50%

 

3年リターンランキング

上位2ファンドは、「NYSE FANG+(円ベース)」の動きに連動させることをめざして運用するインデックスファンドです。

運用内容は同じですが、「iFreeNEXT FANG+インデックス」の販売手数料は、0.0%であるのに対して、「FANG+インデックス・オープン」は、2.20%(上限、税込み)となっています。

順位 ファンド名 運用会社 リターン(3年)
1 iFreeNEXT FANG+インデックス 大 和 38.28%
2 FANG+インデックス・オープン 大 和 38.28%
3 グローバルAIファンド 三井住友DS 34.92%
4 グローバル・フィンテック株式ファンド 日 興 33.82%
5 グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型) 日 興 33.25%

 

5年リターンランキング

企業価値成長小型株ファンド(眼力)」が「楽天日本株トリプル・ブル」を僅かに上回り、2月末の3位から2ランクアップしてトップとなりました。

同ファンドは、小型成長株ファンドですが、年初から同種のファンドのパフォーマンスが低迷する中、基準価額は比較的堅調に推移しています。

 

企業価値成長小型株ファンド(眼力)基準価額の推移(過去5年)

順位 ファンド名 運用会社 リターン(5年)
1 企業価値成長小型株ファンド(眼力) AM-One 30.18%
2 楽天日本株トリプル・ブル 楽 天 29.94%
3 楽天日本株4.3倍ブル 楽 天 29.62%
4 野村世界業種別投資シリーズ(世界半導体株投資) 野 村 28.93%
5 DIAM新興市場日本株ファンド AM-One 27.20%

 

 

【関連記事】

ランキングデータ更新(2021年2月末)

ランキングデータ更新(2021年1月末)

ランキングデータ更新(2020年12月末)

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
野 村
★ ★ ★ ★ ★
2
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★ ★
3
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★ ★
4
大 和
★ ★ ★ ★ ★
5
大 和
★ ★ ★ ★ ★
6
インベスコ
★ ★ ★ ★ ★
7
AM-One
★ ★ ★ ★ ★
8
AM-One
★ ★ ★ ★ ★
9
三井住友DS
★ ★ ★ ★ ★
10
日 興
★ ★ ★ ★
11
日 興
★ ★ ★ ★
12
SBI
-
13
楽 天
-
14
楽 天
-

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。


ページTOPへ