instruction みんかぶ投信 使い方

業態別 販売ランキング (2020年3月)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2020/04/10 20:00
業態別 販売ランキング (2020年3月)

2020年3月の業態別(銀行・証券・ネット証券)の投資信託販売ランキングです。
 

3月は、コロナショックにより歴史的な下落相場となりました。

世界の株式市場は、月初から大幅に下落した後、月末にかけては若干持ち直しました。

 

銀行は、バランスファンドが1本ランクインした以外は、日本株インデックス型ファンドとなりました。

結果、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」の連続1位は、13か月でストップしました。

 

ネット証券では、銀行と異なりインデックス型でも米国株のインデックス型が1位となり、日本株は、高レバレッジのブル・ベア型ファンドが目立っています。

 

証券では、銀行でランク外となった「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」が、継続してランクインするなど、他の2業態と異なりアクティブ型の株式ファンドも健闘しています。

 

 

銀行
1位

日経225ノーロードオープン

2位

eMAXIS 日経225インデックス

三井住友・225オープン

リスクコントロール世界資産分散ファンド(マイスタート)

楽天 日本株4.3倍ブル

 

 

証券
1位

eMAXIS日経225インデックス

2位

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型

3位

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)

4位

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(THE 5G)

5位

日経225ノーロードオープン

野村インデックスファンド・日経225 (Funds-i 日経225)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

 

 

ネット証券

1位

eMAXISSlim米国株式(S&P500)
2位

SBI日本株3.7 ベアIII

3位

楽天日本株4.3倍ブル

4位

SBI日本株4.3ブル

5位

楽天日本株3.8倍ベア

 

 

【関連記事】

業態別 販売ランキング (2020年2月)

業態別 販売ランキング (2020年1月)

業態別 販売ランキング (2019年12月)

 

 

 

 



 

配信元:NTTデータエービック

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ