instruction みんかぶ投信 使い方

「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」の資金流入額が大幅増! 6月資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2020/07/02 18:30
「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」の資金流入額が大幅増! 6月資金流入額速報(推計値)

2020年6月 追加型株式投資信託 資金流入額(推計値)ランキング(除くETF)

 (資金流入額=設定額-解約額)

 

2020年6月の資金流入額トップは、6月に新規設定した「JPMグローバル高利回りCBファンド(限定追加型)2020-06」です。

当初募集、追加設定合わせて、470億11百万円の資金を集めました。

 

2位と3位には、米国株を主要投資対象とするアクティブファンドとなっています。

 

毎月分配型のREITファンドの人気も継続中です。

 

バランスファンドで、唯一ランクインしたのが「投資のソムリエ」です。

当ファンドは、各市場が急落した3月は、下落を比較的小さく抑え、年初来の高値水準(分配金込み)にあります。

安定的な運用実績が評価されているものと思われます。

 

順位 ファンド名 運用会社

6月資金流入額

(百万円)

6月末純資産総額

(百万円)

1 JPMグローバル高利回りCBファンド(限定追加型)2020-06 JPM 47,011 46,845
2 netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) G S 23,537 466,499
3 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 22,867 478,386
4 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ 17,663 954,654
5 J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型) 三井住友トラスト 17,440 323,768
6 ダイワJ-REITオープン(毎月分配型) 大和 17,058 294,451
7 投資のソムリエ AM-One 16,112 221,296
8 USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド 三井住友DS 14,362 43,093
9 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし) 大和 13,119 503,732
10 次世代通信関連アジア株式戦略ファンド(THE ASIA 5G) 三井住友トラスト 11,273 15,822

 

今回、注目したのは、143億62百万円の資金流入となった「USテクノロジー・イノベターズ・ファンド」です。

当ファンドは、米国の取引所に上場している情報技術の開発、進化、活用により高い成長が期待される企業の株式に投資しています。

銘柄選択にあたっては、実地調査等を通じて企業の成長見通し、財務健全性、バリュエーション等の分析・評価を行い、厳選しています。

実説的な運用会社は、「ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード)」の運用会社と同じ、ティー・ロウ・プライス社です。

 

アメリカン・ロイヤルロード」は、資金流入上位の常連ファンドでしたが、6月の資金流入は47億34百万円で、5月の207憶29百万円に比べて、流入額は2割強にとどまっています。

アメリカン・ロイヤルロード」の販売会社である、みずほ証券とみずほ銀行が、6月22日から「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(未来の世界(ESG))」の募集取り扱いを始めた影響が出ているのかもしれません。

 

【関連記事】

❑ 「国際株式型F中心に資金流入」 5月資金流入額速報 (推計値)

❑ 「アメリカン・ロイヤルロード」が実質トップ 4月資金流入額速報 (推計値)

❑ コロナショックで大荒れの3月。資金流入が多かったファンドは? 3月資金流入額速報(推計値)

❑ コロナショックで明暗分かれるバランスファンド

 

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
G S
★ ★ ★ ★ ★
2
アライアンス
★ ★ ★ ★ ★
3
三井住友トラスト
★ ★ ★ ★ ★
4
大 和
★ ★ ★ ★
5
三井住友DS
★ ★ ★ ★
6
AM-One
★ ★ ★
7
大 和
★ ★
8
ピクテ
★ ★
9
JPモルガン
-
10
AM-One
-
11
三井住友トラスト
-
12
Tロウプライス
-

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ