「ひふみワールド」などを新たにレーティング(1年)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2020/11/06 15:00 (更新:2020/12/03 17:02)
「ひふみワールド」などを新たにレーティング(1年)


2020年11月より、新たに18本(ETF除く)のファンドのレーティング(1年)が開始されました。
>>レーティングについて
 
 
内訳は、
★★★★★  4本
★★★★      3本
★★★          2本
★★              6本
                 3本

 

2019年10月の新規設定は31本あり、そのうち単位型や純資産総額が小さいためレーティングの対象外となったファンドを除く、18本のファンドが2020年11月から新たにレーティングが開始されました。

 

ひふみ投信」、「ひふみプラス」で個人投資家に人気のあるレオス・キャピタルワークスのグローバル株式型ファンド「ひふみワールド」は、★★★★となりました。

ひふみワールド」の分類はグローバル株式型(無ヘッジ)です。

グローバル株式型(無ヘッジ)に分類されているファンドの過去1年の運用状況をみると、情報通信やテクノロジー関連株ファンドが好成績を上げており、その中での★★★★なので、まずは好調なスタートを切ったといえるでしょう。

 

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
日 興
★ ★ ★ ★ ★
2
三井住友DS
★ ★ ★ ★ ★
3
マニュライフ
★ ★ ★ ★ ★
4
マニュライフ
★ ★ ★ ★ ★
5
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
6
しんきん
★ ★ ★ ★
7
しんきん
★ ★ ★ ★
8
三井住友DS
★ ★ ★ ★
9
野 村
★ ★ ★
10
野 村
★ ★ ★
11
三菱UFJ国際
★ ★ ★
12
岡 三
★ ★ ★
13
三井住友トラスト
★ ★ ★
14
スパークス
★ ★ ★
15
レオス
★ ★ ★
16
レオス
★ ★
17
レオス
★ ★
18
野 村
19
アムンディ
20
あおぞら
-

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ