ランキングデータ更新(2020年11月末)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2020/12/04 09:15
ランキングデータ更新(2020年11月末)

みんかぶ投信トップページの投信ランキングを更新しました。(2020年11月末基準)
 
リターンランキング=(基準価額+分配金(再投資))

 

 

1年リターンランキング

1年リターンランキングでトップになったのは「eMAXIS Neo自動運転」です。

10月末でトップだった「グローバル・プロスペクティブ・ファンド(イノベーティブ・フューチャー)」は、年間リターン100%台を維持し、104.64%のリターンとなりましたが、「eMAXIS Neo自動運転」は、それを上回る年間リターン110.67%でした。

 

 

順位 ファンド名 運用会社

リターン(1年)

1 eMAXIS Neo自動運転 三菱UFJ国際 110.67%
2 グローバル・プロスペクティブ・ファンド(イノベーティブ・フューチャー) 日 興 104.64%
3 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジあり>(資産成長型) 三菱UFJ国際 93.58%
4 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジあり>(年2回決算型) 三菱UFJ国際 93.32%
5 iFree レバレッジNASDAQ100 大 和 87.00%

 

 

3年リターンランキング

10月末の 29.19%から33.22%と3年リターン(年率)が、3.03ポイント上昇した「厳選ジャパン」が、10月末の4位から順位を上げてトップとなりました。

上位5ファンドの顔ぶれは、9月末から3か月間変わっていません。

5年リターンランキング

「野村SNS関連株投資Aコース」と「野村クラウド関連株式投信Aコース(為替ヘッジあり)」はともに、過去1年間のリターンが良好で、5年リターン(年率)でも上位にランクインしました。

1年リターンランキング上位5ファンドには及びませんが、「野村SNS関連株式Aコース」の過去1年間のリターンは77.13%、「野村クラウド関連株式投信Aコース(為替ヘッジあり)」の過去1年間のリターンは68.31%となっています。

 
順位 ファンド名 運用会社

リターン(5年)

1 DIAM新興市場日本株ファンド AM-One 30.00%
2 UBS中国A株ファンド(年1回決算型)(桃源郷) UBS 23.70%
3 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 東京海上 22.81%
4 野村SNS関連株投資Aコース 野 村 21.36%
5 野村クラウド関連株式投信Aコース(為替ヘッジあり) 野 村 21.24%

 

 

【関連記事】

ランキングデータ更新(2020年10月末)

ランキングデータ更新(2020年9月末)

ランキングデータ更新(2020年8月末)

 

 

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ