テレワーク 緊急事態宣言再発令で改めて関心

レポート
配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド
投稿:2021/01/25 07:00
テレワーク 緊急事態宣言再発令で改めて関心

政府は1月7日、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象に1月8日から2月7日まで緊急事態宣言を再発令したが、更に大阪、京都、兵庫などの3府県や他の地域へと広がりをみせている。前回の昨年4月の宣言発令時とは異なり、経済への影響を最小限に抑えたいとして限定的な措置となっており、飲食店への午後8時までの営業時間の短縮要請を柱として、不要不急の外出の自粛、大規模イベントの定員制限及び企業などへのテレワークへの協力が求められている。特にテレワークに関しては、出勤者の7割削減を目指すとしている。

前回の緊急事態宣言を受けて盛り上がりをみせたテレワークだが、東京商工会議所のまとめによると、5~6月の調査でテレワーク実施率は67.3%と3月の調査時に比べて41.3ポイント増と急増したが、9~10月の調査では53.1%に低下し、「一時期実施していたが、現在は取りやめた」企業も22.1%あったという。テレワーク実施企業からは、「働き方改革が進んだ」などの声が聞かれた一方、取りやめた企業からは、「業務の生産性が下がる」などの声が聞かれたとしており、こうした声への対応が今後求められそうだ。

 

 

Web会議やSaaS関連に注目

緊急事態宣言の再発令を受けて、改めて注目が集まる「テレワーク」関連銘柄だが、Web会議システムやグループウェア、ビジネスチャットなどと並んで、業務効率化を支援するSaaS(Software as a Service)関連などもコロナ禍をきっかけにして中期的に需要が高まりそうだ。これらのITを導入する際には国や自治体の支援制度もある。そうした支援制度の認定ツールを手掛ける企業などには注目が必要だろう。

 

 

次世代通信関連ファンドに注目

テレワークによりツールの発展も進むが、同時に通信関連の進展も期待される。そこで、次世代通信関連ファンドに注目したい。その中で、次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G)(三井住友トラスト)はウォッチしておきたい。このファンドは主として日本を含む世界各国の金融商品取引所等に上場(上場予定を含みます)している次世代通信関連企業の株式に投資する。ここ1年のレーティングは星4つ、2年・3年のレーティングは星5つと最高評価を得ている。

販売は88社で取り扱われている。

 

>>次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G)の販売会社

 

 

【関連記事】

オンラインイベント コロナ禍で加速する新たなカタチ

テレワーク 「新型肺炎」対策で導入急増

テレワーク 働き方改革時代の新潮流

日本の成長力取り戻す国家的プロジェクト

 

 

配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
三井住友トラスト
★ ★ ★ ★

ページTOPへ