「野村未来トレンド発見ファンド」などを新たにレーティング(1年)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/02/05 10:00
「野村未来トレンド発見ファンド」などを新たにレーティング(1年)
2021年2月より、新たに9本(ETF除く)のファンドのレーティング(1年)が開始されました。
>>レーティングについて
 
内訳は、
★★★★★  1本
★★★★      6本
★★★          2本
★★              0本
                 0本
 
2020年1月の新規設定は26本あり、そのうち単位型や純資産総額が小さいためレーティングの対象外となったファンドを除く、9本のファンドのレーティングが、2021年2月から新たに開始されました。
 
 
「野村未来トレンド発見ファンド」シリーズは、グローバルな視点で投資魅力のある中長期の成長テーマを複数選定し、関連する銘柄群を中心に利益成長に着目した銘柄選択を行ないます。
成長テーマは、「新たな価値の創造」、「新興国へのトレンドの広まり」、「社会構造の変化」の観点からの選定を行なうことを基本として随時見直をし、それに伴い組入銘柄の変更を行ないます。
 
 
「野村未来トレンド発見ファンド」シリーズの「野村未来トレンド発見ファンドAコース(為替ヘッジあり)(先見の明)」は、2017年6月、「野村未来トレンド発見ファンドBコース(為替ヘッジなし)(先見の明)」は、2015年11月に設定、運用を開始しています。

AコースとBコースのレーティング(2021年1月末基準)は、下記のとおりです。

 

野村未来トレンド発見ファンドAコース(為替ヘッジあり)(先見の明)

1年   ★★★

3年  ★★★★

5年    ----

 

野村未来トレンド発見ファンドBコース(為替ヘッジなし)(先見の明)

1年  ★★★★

3年  ★★★★

5年 ★★★★★

 
 
 
【関連記事】
 
下の関連銘柄のレーティング(1年)は、直近月末の情報であり、本文中にあるレーティング(1年)と異なる場合があります。

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ