詳しく条件を指定して検索

運用手法から探す

  • 株式インデックス

    株式インデックス 0

    日経平均株価やTOPIXなど、対象となる株価指数と連動することを目指すファンド。初心者でも分かりやすく、販売手数料や信託報酬は概ね低く設定されています。個人でポートフォリオを組むのにも適しています。

    ?
    ×

    ?株式インデックス

    日経平均株価やTOPIXなど、対象となる株価指数と連動することを目指すファンド。初心者でも分かりやすく、販売手数料や信託報酬は概ね低く設定されています。個人でポートフォリオを組むのにも適しています。

  • ESG投資

    ESG投資 0

    ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。社会や環境を意識した投資は、同時に財務リターンも高く、また投資リスクが小さいという考え方に基づき、運用されています。

    ?
    ×

    ?ESG投資

    ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。社会や環境を意識した投資は、同時に財務リターンも高く、また投資リスクが小さいという考え方に基づき、運用されています。

  • リスクコントロール

    リスクコントロール 0

    相場環境に応じて投資資産の組入比率を機動的に変更するファンド。高い収益の獲得よりもリスク回避を優先し、安定した投資成果が得られる運用を目指します。

    ?
    ×

    ?リスクコントロール

    相場環境に応じて投資資産の組入比率を機動的に変更するファンド。高い収益の獲得よりもリスク回避を優先し、安定した投資成果が得られる運用を目指します。

  • 絶対収益追求

    絶対収益追求 0

    先物やオプションを活用し、相場下落時においても収益を目指すファンド。レバレッジを利用することにより、市場平均以上のリスクを取るファンドもあります。

    ?
    ×

    ?絶対収益追求

    先物やオプションを活用し、相場下落時においても収益を目指すファンド。レバレッジを利用することにより、市場平均以上のリスクを取るファンドもあります。

  • 配当重視

    配当重視 0

    高配当銘柄に投資するファンド。高配当=好業績として投資対象を捉えるファンドになります。

    ?
    ×

    ?配当重視

    高配当銘柄に投資するファンド。高配当=好業績として投資対象を捉えるファンドになります。

  • ライフサイクルファンド

    ライフサイクルファンド 0

    投資家のライフサイクルに合わせて、資産配分が変わるのが特徴のファンド。ファンド購入者が若年層の場合は、高いリターンが期待できる株式の組み入れ比率を高くし、確定利付き商品の組み入れ比率を増やした安定運用に資産配分を変えていきます。

    ?
    ×

    ?ライフサイクルファンド

    投資家のライフサイクルに合わせて、資産配分が変わるのが特徴のファンド。ファンド購入者が若年層の場合は、高いリターンが期待できる株式の組み入れ比率を高くし、確定利付き商品の組み入れ比率を増やした安定運用に資産配分を変えていきます。

  • ブルベア

    ブルベア 0

    先物やオプションなどを利用して、基準となる指数の値動きを大幅に上回る投資成果を目指すファンド。ブルファンドは相場上昇時、ベアファンドは相場下落時に大きな収益獲得を目指します。

    ?
    ×

    ?ブルベア

    先物やオプションなどを利用して、基準となる指数の値動きを大幅に上回る投資成果を目指すファンド。ブルファンドは相場上昇時、ベアファンドは相場下落時に大きな収益獲得を目指します。

  • 債券インデックス

    債券インデックス 0

    債券に関する指数と連動することを目的としたファンド。株式インデックスと同じく、売手数料や信託報酬は概ね低く設定されています。

    ?
    ×

    ?債券インデックス

    債券に関する指数と連動することを目的としたファンド。株式インデックスと同じく、売手数料や信託報酬は概ね低く設定されています。

  • 中小型株投資

    中小型株投資 0

    中小型株の中から銘柄を選定し、ファンドを運用します。一般的に、大型株よりも上昇余地が大きいと考えられています。

    ?
    ×

    ?中小型株投資

    中小型株の中から銘柄を選定し、ファンドを運用します。一般的に、大型株よりも上昇余地が大きいと考えられています。

お知らせ > 一覧はこちら

  • 現在お知らせはありません。

今日の市況 > 一覧


ページTOPへ