みんかぶ投信 使い方

コラム銘柄の探し方ー「比較機能」の使い方を紹介します

  • 0.5x
  • 1x
  • 1.5x
  • 2x

2019/05/11 19:50

銘柄の探し方ー「比較機能」の使い方を紹介します

みんかぶ投信には、銘柄選びの機能がたくさんありますが、今回は「比較機能」をご紹介したいと思います。

よく見られているページとして、「ランキング」ページがあるのですが、ランキングと言っても、リターン、標準偏差、売れ筋などたくさんのカテゴリーがあります。今回は「注目銘柄」を例に、銘柄の選び方をご紹介いたします。

注目銘柄ランキング

 

ランキング画面を開くと、銘柄一覧が表示されます。銘柄を比較する際は、「選択」欄を使用します。比較したい銘柄の選択欄のチェックボックスをクリックすると、チェックマークがつきますので、比較したい銘柄にチェックを入れていきます。

今回は、運用期間が1年以上の銘柄を対象に比較をしてみたいと思います。また、「ひふみ投信」は「ひふみプラス」と同じ値動きになるため、除外します。同時に比較できるのは、5銘柄となりますので、「ひふみプラス」「未来イノベーション成長株ファンド」「フィデリティ・日本成長株・ファンド」「サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)」「東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン」が比較対象となります。

 

 

この時、赤いボタンの「比較」をクリックすると、銘柄の各種数値を比較することができます。

比較結果

 

ここから投資信託の規模を表す純資産額については、ひふみプラスが最も大きいことがわかります。

購入時の手数料や投資信託を保有している間かかり続ける信託報酬といったコストですが、購入手数料については差がありませんが、信託報酬については、ひふみプラスが最も低くなっています。

分配金については、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンのみ年2回支払われることがわかります。

そして、最近のリターン、つまり値上りについては、サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)が最も良く、長期で見ると、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンが安定的であることがわかります。リターンについては、チャートで見ると、価格の推移がわかります。先ほどの数値一覧の「戻る」ボタンでランキング一覧に戻り、オレンジ色のボタン「チャートで比較」をクリックすると比較チャートが表示されます。

 

比較チャートの数値一覧ダイアログ

 

値段やどの銘柄がどの位置なのかを確認したい際は、マウスオーバーすると数値一覧のダイアログが表示されます。

比較チャート

 

この1年のパフォーマンスは、サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)が最も良いことがわかります。ただ、若干値動きが激しく、安定的に上昇しているのは、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンだということがわかります。

 

このように、数値比較や比較チャートを使うことで、どの投資信託がいいのか、ご自身にあった銘柄を選ぶことができます。是非、ご活用ください。

 

出所:ミンカブ・ジ・インフォノイド

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ