みんかぶ投信 使い方

ニュース業態別 販売ランキング(2018年5月)

  • 0.5x
  • 1x
  • 1.5x
  • 2x

2018/06/13 11:20

業態別 販売ランキング(2018年5月)
【銀行】

第1位

日経225ノーロードオープン(アセットマネジメントOne)
第2位 ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス)
第3位 eMAXIS 日経225インデックス(三菱UFJ国際投信)
第4位

三井住友・225オープン(三井住友アセットマネジメント)

第5位

グローバル・フィンテック株式ファンド(日興アセットマネジメント)

 

【証券会社】

第1位

三井住友・げんきシニアライフ・オープン(三井住友アセットマネジメント)
第2位 eMAXIS 日経225インデックス(三菱UFJ国際投信)
第3位

野村インデックスファンド・日経225 愛称:Funds-i 日経225(野村アセットマネジメント)

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) (大和住銀投信投資顧問)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)

 

 

【ネット証券】

第1位

ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス)
第2位

楽天日本株4.3倍ブル(楽天投信投資顧問)

第3位 ニッセイ日経225インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)
第4位

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)

第5位 日経225ノーロードオープン(アセットマネジメントOne)

 

 

先月までと比較すると、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」のように、海外指数に連動するインデックスファンドへの注目が高まっている傾向が見受けられます。海外市場の成長力に期待する向きが強いのかもしれません。

また、「ひふみプラス」については、ネット証券の調査対象全てで1位となっており、人気ぶりはまだ続きそうです。

 

出所:NTTデータエービック

今日の市況

> 一覧

ページTOPへ