instruction みんかぶ投信 使い方

クラウドサービス デジタル化潮流で市場拡大一段と加速

レポート
配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド
投稿:2020/10/12 07:00
クラウドサービス デジタル化潮流で市場拡大一段と加速

菅新政権は行政のデジタル化を加速させる方針を掲げているが、今の日本は官民を挙げてのIT武装、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むことが必須課題となっている。その一翼を担うのがクラウドコンピューティングであり、これはインターネットなどを経由して、ソフトウェアやデータなどにアクセスできる仕組みを指す。

クラウドコンピューティングを活用したサービスによって、ハードやソフトを手元のコンピューターで「所有」するのではなく、インターネットを経由したサービスとして必要に応じて「利用」することができる。これは企業側にとって大幅なコスト低減につながると同時に、システムが陳腐化した際にそれを抱え込むリスクからも解放されるメリットがある。ビジネスモデルの根幹から改革を求められるDXの潮流が押し寄せるなか、それに並行して経営システムのクラウド化推進も加速する状況にある。

 

 

世界で圧倒的に先駆する米国

現在、クラウドサービス市場はIT先進国の米国が圧倒的に先行している。アマゾン・ドット・コムの「AWS」を筆頭に、マイクロソフトの「Azure」、グーグルの「GCP」、この3つを合計して世界シェア70%前後を獲得している状況だ。そのなか、新型コロナウイルス感染拡大を契機にクラウドサービスに対するニーズは一段と高まりをみせており、3社の株価はいずれもコロナ禍で大きくその居どころを変えた経緯がある。

また、クラウド上にある完成済みのアプリケーションを利用するサービスをSaaS(サース)と呼ぶが、同市場の拡大も顕著となっており、米国では同関連の象徴株であるセールスフォース・ドットコムが近年株価を大変貌させ耳目を集めた。完成済みのアプリケーションを利用するためカスタマイズの自由度は低いものの、従量課金でコストを低く抑えることが可能なSaaSは日本でも急激にそのユーザーの裾野を広げている。東京株式市場でもクラウドサービス関連株には投資家の熱い視線が注がれている。

 

 

注目のクラウドコンピューティング関連ファンドとは

クラウドコンピューティング関連のファンドしては、野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信Aコース野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信Bコース(いずれも野村)がある。Aコースは為替ヘッジあり、Bコースは為替ヘッジなしとなる。

これらのファンドは、世界のクラウドコンピューティング関連企業の株式およびスマートグリッド関連企業の株式を実質的な投資対象とする。組入上位銘柄を参考に、米国株式の発掘につなげるにも役立てられる。

 

野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信Bコースの組入銘柄

 

販売は、いずれも野村證券のみとなっている。

 

 

【関連記事】

デジタルトランスフォーメーション データ・デジタル技術で新たな価値創出へ

消費の新潮流 サブスクリプション

 

 

配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
野 村
★ ★ ★ ★ ★
2
野 村
★ ★ ★ ★ ★

ページTOPへ