instruction みんかぶ投信 使い方

速報!「ひふみワールド+」設定へ  ~「ひふみワールド」の公開販売用~
再生

ニュース
NTTデータ エービック
投稿:2019/11/13 16:15
  • 0.5x
  • 1x
  • 1.5x
  • 2x
速報!「ひふみワールド+」設定へ  ~「ひふみワールド」の公開販売用~

2019年10月8日に、日本を除く世界の株式に投資する「ひふみワールド」が設定されたのに続き、「ひふみワールド+」が2019年12月13日に設定される予定です。

 

 

ひふみワールド+

当初申込期間 2019年12月2日~2019年12月12日

設定日    2019年12月13日

継続募集期間 2019年12月13日~

 

先に設定・運用を開始した「ひふみワールド」と、今回の「ひふみワールド+」の関係は、「ひふみ投信」と「ひふみプラス」の関係と同じと考えていいでしょう。

 

同じマザーファンドに投資するので、運用面での違いはありません。

 

異なる点は、取扱金融機関です。

ひふみワールド」は、投信会社による直接販売、つまり運用会社であるレオス・キャピタルワークスのみが取り扱っています。

ひふみワールド+」は、証券会社や銀行などが取扱予定となっています。

 

それに伴い、申込手数料と信託報酬が異なります。

 

申込手数料

ひふみワールド」 ・・・なし

ひふみワールド+」・・・3.30%(税抜3.00%)を上限として販売会社が定める

 

信託報酬

ひふみワールド」 ・・・信託報酬合計 1.6280%(税抜1.4800%)

*長期保有者の信託報酬を実質的に割り引く仕組みあり(「資産形成応援団」(信託報酬一部還元方式))

ひふみワールド+」・・・信託報酬合計 1.6280%(税抜1.4800%)

*ファンドの純資産総額による料率低減あり

 

ひふみワールド」が、投資家ごとの保有期間に応じた運用コストの割引(一部還元)であるのに対し、「ひふみワールド+」は、ファンド全体の純資産総額に応じた割引になります。

 

ひふみワールド+」は、「5,000億円まで」、「5,000億円を超える部分」、「1兆円を超える部分」で、残高が大きい部分に関して信託報酬率が低くなるよう設定されています。

 

ひふみプラス」も同じように、純資産総額に応じた信託報酬率の割引をしていますが、割引となる純資産総額の基準は「500億円まで」、「500億円を超える部分」、「1,000億円を超える部分」です。

ひふみワールド+」と「ひふみプラス」とでは、1ケタ違いますね。

ひふみワールド+」は、より多くの残高を目指しているのでしょうか?

 

なお、ファンド名称を「ひふみワールドプラス」とせず「ひふみワールド+」にした理由は、現在、不明です。

 

 

【関連記事】

速報!「ひふみワールド」新規設定へ

New Face紹介 (2019年10月)

『ひふみプラス』から見る投資戦略

 

 

出所:NTTデータ エービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
レオス
★ ★ ★
2
レオス
★ ★ ★
3
レオス
-
4
レオス
-

ページTOPへ