instruction みんかぶ投信 使い方

「資金流入トップはアメリカン・ロイヤルロード」12月資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータ エービック
投稿:2020/01/07 17:15
「資金流入トップはアメリカン・ロイヤルロード」12月資金流入額速報(推計値)

追加型株式投資信託の12月資金流入額(推計値)ランキングです。(除くETF)

(資金流入額=設定額-解約額)

 

 

資金流入額トップは、当初募集で約1,482億円の資金を集めた「ティー・ロー・プライス米国成長株ファンド(ロイヤル・ロード)」です。

ティー・ロー・プライス米国成長株ファンド(ロイヤル・ロード)」は、運用会社であるティー・ロー・プライスの国内ファンド第二弾になります。

 

第一弾は、2019年5月設定の「ティー・ロウ・プライス・世界厳選成長株式ファンド」で、分配方針と為替ヘッジの有無により4本のファンドがあります。

4ファンド合計で、当初設定額の643億円から、2019年12月末では残高1,632億68百万円まで増加しています。

 

投資対象が米国と世界の違いがありますが、投資の基本スタンスは同じで、「ボトム・アップ・アプローチ」を重視し、成長性が高いと判断される企業の株式に投資するアクティブファンドです。

 

信託報酬等のコストの低さからインデックス型ファンドが注目される傾向が強くなっていますが、アクティブファンドに対する期待も根強いことが窺われます。

 

 

12月の新規設定ファンドでは、「ひふみワールド+」も、338億円48百万円の資金流入で、5位にランクインしています。

当初設定額は、249億円で、12月末の残高は、341億90百万円です。

 

順位 ファンド名 運用会社 12月資金流出額
(百万円)
12月末純資産総額
(百万円)
1 ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード) TRプライス 148,280 147,893
2 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ 56,901 1,006,147
3 ファンド・マネジャー(海外株式) 三菱UFJ国際 49,552 51,259
4 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 日興 47,063 360,001
5 ひふみワールド+ レオス 33,848 34,190
6 グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型) 日興 29,218 194,700
7 東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会) 東京海上 26,708 723,679
8 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ) 大和 24,551 57,659
9 インデックスコレクション(国内債券) 三井住友トラスト 23,907 50,518
10 東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)(円奏会(年1回決算型)) 東京海上 23,562 285,446

 

 

【関連記事】

「マンAHLスマート・レバレッジは、322億円の資金流入」11月資金流入額速報(推計値)

「グローバル3倍3分法Fがトップ」10月資金流入額速報(推計値)

『資金流入上位ファンドに異変!?』9月資金流入額速報(推計値)

 

 

配信元:NTTデータ エービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
Tロウプライス
★ ★ ★ ★ ★
2
Tロウプライス
★ ★ ★ ★ ★
3
Tロウプライス
★ ★ ★ ★ ★
4
Tロウプライス
★ ★ ★ ★ ★
5
日 興
★ ★ ★
6
三井住友トラスト
★ ★ ★
7
日 興
★ ★
8
ピクテ
★ ★
9
東京海上
10
東京海上
11
三菱UFJ国際
-
12
大 和
-
13
レオス
-
14
Tロウプライス
-

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ