instruction みんかぶ投信 使い方

投資ブログ紹介!上昇相場でのアセットアロケーション変更は慎重に!?

レポート
配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド
投稿:2020/06/09 07:00
投資ブログ紹介!上昇相場でのアセットアロケーション変更は慎重に!?

今回はにほんブログ村の投資関連ブログランキングの上位ブログの中から、上昇相場になった為、アセットアロケーションをより高リターンに変更したいと思った時に思い出してほしい事を書いているブログ記事と、5月に世界株式がどのくらい戻ったかを書いているブログ記事となります。

 

Mirai Takebeさんのブログ

 

2020年5月のような上昇相場で、周囲で「儲かった」「お金がすごい増えた」といった話を聞き、自分の資産があまり増えていなかったりすると、なんだか置いてきぼりをくらったように感じがしてしまうことがあるかもしれません。それで「もっと儲かるアセットアロケーションに変えたい」と思い始めた時に思い出してほしいこと、を書いているブログ記事です。

 

記事の結論としては以下になるとのことです。
上昇相場でリターン重視の配分に変えたくなる気持ちは理解できる。が、リターン重視の配分は3か月前には大きな下落を経験していた
将来の相場は過去のものとを同じとは限らない。未知の経験に驚かないアセットアロケーションを
将来の私たちは、今よりお金を運用しているはず。その分だけ資産の値動きは大きくなっていることを忘れずに

 

記事の中では、例えばバランスファンドから、先進国株式インデックスに変えた場合をシミュレーションしています。5月の頭に変えていた場合、たしかに先進国株式インデックスの方が大きいリターンを得ることができました。しかし、3月からのコロナショックでは、先進国株式インデックスは大きなマイナスとなっていました。

 

まとめとして、上昇相場でアセットアロケーションを変更したい場合(現状以上にリターンを追求したい場合)には慎重に検討したほうが良いです。その理由としては、今回の暴落はわずか3か月でほとんど値を戻してしまいましたが、将来の相場もまったく同じとは限りません。大きな急落がきて、その後数年価格が戻らないかもしれないし、何年もかけてずるずると価格が落ちていく相場があるかもしれないからとのことです。

 

kotetsu35さんのブログ

 

2019年末時を100%とした、国ごとの株価指数の値動きはこのような状況とのことです。

日本 : 100% → 約70% → 約88%
米国 : 100% → 約65% → 約85%
中国 : 100% → 約88% → 約92%
ドイツ : 100% → 約64% → 約83%
ブラジル : 100% → 約55% → 約71%

 

これで今回の暴落も終わりということはなく、まだ次の暴落があるのかもしれませんが、kotetsu35さんは正直、これほど早く回復するとは思っていなかったとのことです。しかし、これまで通り、毎月の積み立てを続けてきたので、3、4、5月の3か月は比較的安値に、多くの口数の積み立てができたのではないか、としています。

 

 

【関連記事】

投資ブログ紹介!アフターコロナの投資環境&コロナショックでiDeCoは増えた?

投資ブログ紹介!いま選ぶべきアクティブ投信 この8本!&敗者のゲームの書評

投資ブログ紹介!米国3倍4資産リスク分散ファンドが楽天証券で取扱い開始

投資ブログ紹介!世界経済は底打ちした?&今こそふるさと納税

投資ブログ紹介!年金繰下げ支給は本当に得?&家族の不幸に備える

配信元:ミンカブ・ジ・インフォノイド

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
2
AM-One
★ ★ ★ ★
3
SBI
★ ★ ★ ★
4
三菱UFJ国際
★ ★ ★
5
三菱UFJ国際
★ ★ ★
6
AM-One
★ ★ ★

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ