まるごとアーク⁉「みらいコネクトファンド」登場!

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/07/12 17:30
まるごとアーク⁉「みらいコネクトファンド」登場!

破壊的イノベーションを起こし得るビジネスをおこなう企業に投資

みらいコネクトファンド

 

設定日  2021年7月13日

運用会社 スカイオーシャン・アセットマネジメント

販売会社 横浜銀行 千葉銀行

 

【運用方針】

1. 投資信託証券への投資を通じて、主として、日本を含む世界の上場株式の中から、破壊的イノベーションを起こし得るビジネスをおこなう企業の株式(DR(預託証券)を含みます)を実質的な投資対象とし、中長期的な信託財産の成長をめざす。

2. 「グローバル・イノベーション株式ファンド(適格機関投資家向け)」を主要投資対象とする。

3. 5つの戦略(ゲノム戦略、スペース戦略、ゼロ・コンタクト戦略、フィンテック戦略、MaaS戦略)への投資を通じて、複数のイノベーションを幅広く捉えることをめざす。戦略別基本配分比率はそれぞれ1/5とする。

4. 原則として、為替ヘッジはしない。

5. 主要投資対象ファンドの実質的な運用は、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシーからの助言をもとに、日興アセットマネジメント・グループの日興アセットマネジメント アメリカズ・インクが行う。

 

(交付目論見書より抜粋)

 

マザーファンドへの投資でまるごとアークを実現


主要投資対象の「グローバル・イノベーション株式ファンド(適格機関投資家向け)」は、米国アーク社の助言をもとに日興アセットマネジメントが運用します。

「グローバル・イノベーション株式ファンド(適格機関投資家向け)」は、5つの戦略(ゲノム戦略、スペース戦略、ゼロ・コンタクト戦略、フィンテック戦略、MaaS戦略)に20%ずつ配分します。

実際には、すでに運用中のファンドのマザーファンドに投資します。

 

・ゲノム戦略 → 「グローバル全生物ゲノム株式マザーファンド」

・スペース戦略 → 「グローバル・スペース株式マザーファンド」

・ゼロ・コンタクト戦略 → 「グローバル・デジタル・トランスフォーメーション株式マザーファンド」

・フィンティック戦略 → 「グローバル・フィンテック株式マザーファンド

・MaaS戦略 → 「グローバル・モビリティ・サービス株式マザーファンド」
 

日興アセットマネジメントがアーク社を投資助言のもと運用するファンドは、以下のとおりです。

グローバル・フィンテック株式ファンド

グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型)

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり)

グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)

グローバル・モビリティ・サービス株式ファンド(1年決算型)(グローバルMaaS(1年決算型))

グローバル・モビリティ・サービス株式ファンド(年2回決算型)(グローバルMaaS(年2回決算型))

グローバル・スペース株式ファンド(1年決算型)

グローバル全生物ゲノム株式ファンド(1年決算型)

グローバル全生物ゲノム株式ファンド(年2回決算型)

グローバル・プロスペクティブ・ファンドイノベーティブ・フューチャー)

デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(ゼロ・コンタクト)

グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド

 

これらのうち、投資分野を限定しない「グローバル・プロスペクティブ・ファンドイノベーティブ・フューチャー)」と「「グローバル・エクスポネンシャル・イノベーション・ファンド」を除く、5ファンドに均等に投資します。

 

みらいコネクトファンド」は、 ファミリーファンド方式とファンド・オブ・ファンズの形態を活用し、破壊的イノベーション投資で知られる米国アーク社のファンドにまるごと投資することを実現するファンドといえます。

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
日 興
★ ★ ★ ★ ★
2
日 興
★ ★ ★ ★
3
日 興
★ ★ ★ ★
4
日 興
★ ★ ★ ★
5
日 興
★ ★ ★ ★
6
日 興
★ ★ ★ ★
7
日 興
★ ★ ★ ★
8
日 興
★ ★ ★ ★
9
日 興
-
10
日 興
-
11
日 興
-
12
日 興
-
13
スカイオーシャン
-

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。


ページTOPへ