instruction みんかぶ投信 使い方

「ピクテ投信のグロ・インが2か月ぶりのトップ」1月資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2020/02/04 19:15
「ピクテ投信のグロ・インが2か月ぶりのトップ」1月資金流入額速報(推計値)

追加型株式投資信託の2020年1月資金流入額(推計値)ランキングです。(除くETF)

(資金流入額=設定額-解約額)

 

 

2020年1月は、昨年12月の「ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード)」や「ひふみワールド+」のような目立った新規設定はなく、上位10ファンドとも既存ファンドとなりました。

 

資金流入額トップは、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」です。先月は新規設定の「アメリカン・ロイヤルロード」にトップを譲りましたが、2か月ぶりにトップに返り咲きました。

資金流入額は、2019年11月 655億円、12月 569億円、2020年1月 644億円と、高水準を維持しています。

 

ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード)」は、新規設定後も継続的に資金が流入し、4位に入っています。

 

 

 

順位 ファンド名 運用会社

1月資金流入額

(百万円)

1月末純資産総額

(百万円)

1 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ

64,445

1,111,175

2 次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G) 三井住友トラスト

54,131

519,028
3 インデックスコレクション(バランス株式30) 三井住友トラスト

48,254

111,843
4 ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード) Tロウプライス

45,280

197,069
5 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 日興

36,367

408,226
6 DC世界経済インデックスファンド 三井住友トラスト

28,482

88,959
7 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス

22,336

364,675
8 グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型) 日興

19,581

218,539
9 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ) 大和

18,739

78,194
10 リスクコントロール世界資産分散ファンド(マイスタート) AM-One

17,930

107,431

 

 

新型コロナウィルスの影響を懸念した世界的な株式の市場の下落の影響でしょうか、全体的には、昨年12月と比べ資金流入額が減少しています。

 

 

そんな中、逆張り的な投資スタンスで臨む投資家の動向が表れやすい「日経225ノーロードオープン」は、昨年8月以来の資金流入となっています。

2019年12月は132億円の資金流出でしたが、2020年1月は160億円の資金流入です。

この流入額は、全体でも12位の水準です。

 

 

 

 

 

「資金流入トップはアメリカン・ロイヤルロード」12月資金流入額速報(推計値)

「マンAHLスマート・レバレッジは、322億円の資金流入」11月資金流入額速報(推計値)

「グローバル3倍3分法Fがトップ」10月資金流入額速報(推計値)

 

 

配信元:NTTデータエービック

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ