instruction みんかぶ投信 使い方

「マンAHLスマート・レバレッジは、322億円の資金流入」11月資金流入額速報(推計値)

ニュース
配信元:NTTデータ エービック
投稿:2019/12/03 18:00
「マンAHLスマート・レバレッジは、322億円の資金流入」11月資金流入額速報(推計値)

追加型株式投資信託の11月資金流入額(推計値)ランキングです。(除くETF)

(資金流入額=設定額-解約額)

 

 

11月のランキング上位は、資金流入の常連ファンドとなりましたが、1位と2位が入れ替わりました。

 

資金流入額トップは、655億19百万円の資金流入となった「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」です。

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」は、544億47百万円の資金流入で2位となっています。

 

今回、注目したのは、322億76百万円の資金流入で4位の「マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ)」です。

 

順位 ファンド名 運用会社 11月資金流入額
(百万円)
11月末純資産総額
(百万円)
1 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ 65,519 927,269
2 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 日興 54,447 314,481
3 グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型) 日興 32,391 166,211
4 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ) 大和 32,276 32,701
5 東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会) 東京海上 21,935 702,573
6 ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし) 大和 20,011 595,213
7 グローバル・プロスペクティブ・ファンド(イノベーティブ・フューチャー) 日興 18,773 273,490
8 東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)(円奏会(年1回決算型)) 東京海上 16,770 263,277
9 ダブル・ブレイン 野村 15,226 88,791
10 米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジなし)(クォーターバック) 三菱UFJ国際 14,791 14,791

 

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ)」は、ファンド名に「レバレッジ」という言葉が入っていることから分かるとおり、先物取引等を活用してファンドの純資産以上の運用をするファンドです。

グローバル3倍3分法ファンドをはじめとするレバレッジ型バランスファンドは、レバレッジの比率を予め決めていますが、「マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド」は、目標のリスク水準となるよう、レバレッジの水準を随時、見直していくのが特徴です。

投資対象とする資産は、世界各国の株価指数先物取引、債券先物取引等です。

資産配分は、各資産のリスク量(影響度)をつりあうよう調整します。

 

目標のリスク水準は10%です。

組入れ資産のリスク水準が低いときは、レバレッジを高く、組入れ資産のリスク水準が高いときは、レバレッジを低くします。

レバレッジ比率を随時、調整することで、目標リスク水準を維持します。

 

実質的な運用は、英国マン・グループ傘下のマンAHL社が行います。

マンAHL社は、システム運用を得意とする運用会社で、11月資金流入額9位にランクインしている「ダブル・ブレイン」を実質的に運用しているのも同社です。

 

 

【関連記事】

「グローバル3倍3分法Fがトップ」10月資金流入額速報(推計値)

『流入額上位ファンドに異変!?』 9月資金流入額速報(推計値)

「ダブル・ブレインは、111億円の資金流入」 8月資金流入額速報(推計値)

投資環境に応じて組入比率がわかる「米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(クォーターバック)」が登場

 

 

配信元:NTTデータ エービック

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ