業態別 販売ランキング(2021年5月)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/06/09 17:30
業態別 販売ランキング(2021年5月)

2021年5月の業態別(銀行・証券・ネット証券)の投資信託販売ランキングです。

 

2か月連続で1位「日経225ノーロードオープン」2位「投資のソムリエ」 ~銀行チャネル~

日経225ノーロードオープン」は、3月から3か月連続でトップ。「投資のソムリエ」は前月に続いて2位となりました。

1位と2位の組み合わせは2か月連続です。

 

上位に「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」 ~証券チャネル~

証券チャネルトップは、2か月連続で「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」となりました。

2位には、同シリーズの為替ヘッジありコースの「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型」が入りました。

 

インデックスファンドは、同一のファンドの人気が継続する傾向がある一方で、アクティブファンドは、投資環境等の要因で、ファンドが入れ替わりやすい傾向が見られます。

一定期間上位にランクインした後、ランク外になると、再度ランクインするアクティブファンドは殆どありません。

そんな中「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、2月にはランキング外となったものの、3月には再度ランクインし、4月と5月は連続のトップになっています。

毎月の分配金が高水準で推移していること人気継続の要因であると思われますが、高水準の分配金の主な原資は、ファンドのキャピタルゲインであり、その背景には、好調な投資環境があります。

キャピタルゲインを主要な分配原資とするファンドの分配実績に基づく投資は、投資対象のマーケットに対し順張り投資となっていることを認識しておく必要があります。

 

銀行
日経225ノーロードオープン
投資のソムリエ

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(未来の世界(ESG))

ひふみワールド+

eMAXIS 日経225インデックス

三井住友・225オープン

楽天 日本株4.3倍ブル

 

証券
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型
eMAXIS 日経225インデックス

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

野村インデックスファンド・日経225 (Funds-i 日経225)

 

ネット証券
eMAXISSlim米国株式(S&P500)
楽天日本株4.3倍ブル 
SBI日本株4.3ブル
eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
5位 日経225ノーロードオープン 

 

【関連記事】

業態別 販売ランキング(2021年4月)

業態別 販売ランキング(2021年3月)

業態別 販売ランキング(2021年2月)

 

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ