みんかぶ投信 使い方

New Face紹介(2019年8月)
再生

ニュース
NTTデータエービック
投稿:2019/09/10 14:30
  • 0.5x
  • 1x
  • 1.5x
  • 2x
New Face紹介(2019年8月)

8月の新規設定ファンドは、設定本数が1998年12月の銀行窓販取扱開始以来、最低となる8本、募集金額も67億円(概算)まで大幅に減少しました。

 

夏休みの時期と重なる8月は、毎年、設定が見送られる傾向がありますが、新規設定本数の落ち込みは、投信会社において、投資家に既存ファンドの長期保有を促す姿勢が徐々に浸透していることが伺われます。

 

こうした中、最も健闘をみせたのは、月間35億円の資金が流入したPIMCO新興国ハイインカム債券ファンドシリーズ「PIMCO新興国ハイインカム債券(毎月分配型)」、「PIMCO新興国ハイインカム債券(1年決算型)」です。当シリーズは、高利回りの米ドル建て新興国社債および高金利の新興国通貨に概ね50%投資を行い、中長期で高水準のインカム収益を積み上げることを目指します。

 

また、最近のトレンドとして、3資産(株式・債券・金先物)へのバランス投資によりリスクを抑えながら、先物取引によるレバレッジを活用した運用を行う「ウルトラバランス世界株式」も目を引きます。

 

投資対象資産にREITと金先物の違いがあるものの、昨年11月に設定され、直近半年間で累計2,100億円(概算)の資金が流入した日興アセットの「グローバル3倍3分法ファンド」シリーズ「グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」、「グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)」を意識した商品といえるかもしれません。

 

設定日 ファンド名 投信会社 月間流入額
(百万円)
8月1日 PIMCO新興国ハイインカム債券ファンド(毎月分配型) 日 興 2,638
PIMCO新興国ハイインカム債券ファンド(1年決算型) 日 興 886
8月9日 ソシエテ・ジェネラルイタリア国債ユーロ円建リパッケージ債券(為替参照利回り変動型)ファンド2019-08(アズーリ201908) 明治安田 604
8月23日 アムンディ・サステナブル・インカム・ファンド(みらい定期便) アムンディ 436
ウルトラバランス世界株式 アストマックス 264
三菱UFJ DC年金バランス(株式25) 三菱UFJ国際 10
8月28日 グローバル厳選株式ファンド りそなAM 500
8月30日 東洋・中国A株ファンド「創新」2019-08 損保J日本興亜 1,420

 

 

【関連ニュース】
New Face紹介(2019年7月)
New Face紹介(2019年6月)
New Face紹介(2019年5月) 

 

出所:NTTデータエービック


ページTOPへ