instruction みんかぶ投信 使い方

チョッと欲張りなファンド選び 安定運用+高パフォーマンスのファンドは?

レポート
配信元:NTTデータ エービック
投稿:2019/09/25 15:00
チョッと欲張りなファンド選び 安定運用+高パフォーマンスのファンドは?

投資信託に限らず、金融商品は基本的にハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンの関係が成り立ちます。


でも、リターンは期待したいけれど、値動きがあまり大きくない方が良いという、チョッと欲張りな方もおられるのではないでしょうか?
みんかぶ投信では、そんなチョッと欲張りなファンド選びの候補を紹介しています。

 

「投信を探す」の「おすすめ条件から探す」をクリックすると、おすすめ条件が表示されます。この中から「安定運用+高いパフォーマンスのファンド」を選ぶと
・標準偏差(5年)=5以下
・リターン(5年)=3%以上
・純資産額=100億円以上
の条件に合致するファンドが表示されます。

 

「おすすめ条件から探す」画面イメージ

 

2019年8月末で、チョッと欲張りな条件に合致するファンドは8ファンドです。

ファンド名 運用会社 ファンド分類 標準偏差
(5年・年率・%)
年平均収益率
(5年・%)
純資産額
(百万円)
野村世界6資産分散投信(安定コース) 野 村 国際バランス・安定型 4.15 3.27 82,041
DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり) ドイチェ ハイイールド債券型(ヘッジ) 4.25 3.58 24,452
ファイン・ブレンド(毎月分配型) 日 興 国際バランス・安定型 4.52 3.47 33,168
ファイン・ブレンド(資産成長型) 日 興 国際バランス・安定型 4.52 3.46 16,334
スマート・ファイブ(毎月決算型) 日 興 国際バランス・安定型 4.58 3.57 340,738
スマート・ファイブ(1年決算型) 日 興 国際バランス・安定型 4.59 3.55 45,969
三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)(マイパッケージ30) 三井住友DS 国際バランス・安定型 4.66 3.30 11,172
ダイワ・ライフ・バランス30 大 和 国際バランス・安定型 4.92 3.38 14,552

(前月末基準で毎月初4営業日を目途に更新しています。)

 

 

スマートファイブとファインブレンド

 

決算頻度の異なる複数のファンドが抽出されたスマートファイブファインブレンドは、基本的には同じ運用をするファンドです。


違いは販売チャネルで、スマートファイブは、ゆうちょ銀行向け、ファインブレンドは、多くの金融機関で取り扱っています。

 

スマートファイブファインブレンドは、日本国債、海外債券、グローバル株式、グローバルREIT、金(ゴールド)の5種類の資産に分散投資するファンドです。
特徴は各資産への資産配分比率にあります。


基本的な考え方は、「リスク・パリティ戦略」という資産配分法です。


「リスク・パリティ」とは、ポートフォリオにおける各資産のリスク割合が均等(パリティ)になるよう資産配分をすることです。


「リスク・パリティ戦略」は、一般になじみが無いためか、スマートファイブでは、「スマート・ファイブ戦略」、ファインブレンドでは、「ファイン・ブレンド戦略」と表現しています。

 

一言に資産毎のリスクといっても、常に一定ではありません。投資環境によって、各資産の市場におけるリスク(ボラティリティ)は変動します。
一度決めた配分比率をそのまま維持するのではなく、市場動向によって比率を随時、見直しています。


実際には、過去のリスク水準や資産間の相関性を観測、加えて市場リスクの先行指標を活用して資産配分を決定し、市場環境に大きく左右されない安定的な資産成長を目指しています。

 

 

DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり)

 

条件に合致した8ファンド中、7ファンドはバランスファンドです。
唯一、単一資産を投資対象とするファンドが「DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり)」です。

 

「DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり)」は、為替ヘッジにより、為替変動の基準価額への影響を極力抑えることで、リスクが相対的に低く抑えられています。

 

為替ヘッジをすると、円と対象通貨の金利差がコストとなるため、その分、リターンが低くなるのが一般的ですが、円金利に比べユーロ金利が低い状況が続いており、金利差分がリターンを押し上げているので、結果として、チョッと欲張りな条件と合致したようです。

合わせて読みたい・・・金利収入の積み上げに期待!欧州ハイ・イールド債券

 

 

安定性と収益性・・・どの水準で折り合いを付けるかは、投信選びの重要なポイントです。


あくまで一例ですが、参考にしては如何でしょう?

 

 

配信元:NTTデータ エービック


ページTOPへ